社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

高校生の私がファストフード店でのアルバイトを通して得たもの(10代女性 高校生)

 高校生の私がファストフード店でのアルバイトを通して得たもの(10代女性 高校生)
私は現在高校3年生です。昨年まで都内のファストフード店でアルバイトをしていました。

アルバイトをしようと思った理由は、私の家庭は家族が多くてあまりお金がなかったから。それに加えて、一足早く社会経験を積みたかったからです。

スポンサーリンク


私が働いていたファストフード店は全国津々浦々に展開している某ハンバーガーチェーンでした。みなさんも1度や2度はきっと来店したことがあるのではないでしょうか。

ハンバーガーのほか、ポテト、ナゲット、アップルパイ、ドリンク類、ソフトクリームなどいろいろなメニューを提供していました。

普段はカウンターに立って接客。ときには調理ですとか清掃なども行っていました。

ファストフード店はテキパキと動くことと正確性が第一です。お客様が注文した商品を的確に聞き取り、スピーディーに提供するということが求められました。

それに加えて、笑顔で元気よくお客様と接するというのも仕事を良くするポイントです。

高校生のアルバイトも結構多く在籍していました。それは、高校生にも働きやすいよういろいろな配慮があったからかもしれません。

現に定期テスト前や定期テスト中は、休みを申請しても嫌な顔ひとつされませんでしたし、「テスト頑張ってよ」と店長やパートの人々に励まされてやる気が出たものです。

高校生や大学生など学生に対応したマニュアルもしっかりしていたので、スムーズに仕事に入れたのも良かったですね。

大変だったことといえば、中には価値観の合わない同僚もいたこと。特に忙しい時間帯になると、無理難題を言われたりして最初は困ったものです。しかし、そういった同僚は、仕事の捉え方が違うだけで、次第に打ち解けていくことができました。

ファストフード店でのアルバイトは楽なバイトかというと、一般的にはNOだと思います。精神的にも体力的にも結構大変ですし、給料も決して高くはないから。

スポンサーリンク


ただ、私はいろんな意味で楽なバイトだと思いました。それは、お金をもらいながら良い社会勉強をできたからです。敬語の使い方から始まり、接客の方法、人間関係の構築法、サービス精神のありかたなど。

あとは尊敬できる先輩や一生付き合っていけるだろう親友との出会いもアルバイトを通してでした。

こういったことは、お金では買えない財産だと思います。

私が働いていたファストフード店では、人材教育を重視していて、店長の従業員やお客様に対する考え方も素晴らしかったです。

たとえば、お客様が見えないところもしっかり掃除をする。それによって、自分自身の心も磨かれていろいろなところで人を感動させることができるといった考え方です。

今は大学受験の勉強に専念するためにアルバイトは辞めてしまいましたが、ファストフード店でのアルバイトを通して、ひとつの夢が見つかりました。それは、ゆくゆくは飲食店をつくってたくさんの人に夢や感動を与えることです。その実現に向けて今年は受験勉強を頑張りたいと思います。

後から振り返ってみると、アルバイトを通して大きく成長できたと思います。今後の人生にも大きい糧となるのではないでしょうか。ファストフード店でのアルバイトはしんどいこともありますが、その分、得られるものも多いです。高校生の人々にはぜひ体験してもらいたいアルバイトですね。

 (アルバイトの体験談 10代女性 高校生)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク