社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。
SNSフォローボタン

フォローする

電子関連企業からIT関連企業への転職(40代男性)


転職活動をしながら思ったことがあります。転職活動はある意味チャンスだということです。

スポンサーリンク



どうしても転職活動と言うとネガティブなイメージを私たちは描きがちです。それが二十代三十代前半の転職ならまだしも三十代後半40代50代となると、色々な面であまり良い印象を持たれません。

私の主でも転職活動してる間にアルバイト生活を送っていた時、身の回りの人間たちからは白い目で見られていたものです。どうしてあの人は40代なのにアルバイトしてるのか?などと陰口を叩かれていたのも把握していました。

日本人の場合どうしても正社員という働き方がよしとされ、それ以外の非正規雇用アルバイトパートなどはどうしても低く見られてしまいます。また会社を一度やめてしまうとなかなかリベンジする機会もなく、今まで培ってきたものが崩れてしまうというイメージも持たれがちです。

ただ私は転職活動を通してよかったことが色々とありました。まず一つ目は自分のやりたいことを真剣に考えることができたということです。

私は大学を卒業してから新卒である電子関係の企業に入社しました。そこでは電子製品の開発ですとかプレゼンテーションを行っていました。ただ本当にやりたい仕事だったのかというとそうは思いません。どちらかと言うと給料面の良さに惹かれて選んだ仕事でした。そういったこともあってなかなか仕事を通した喜びというのは感じにくいという面があったのです。

それが仕事をしている中で転勤を命じられ、退職することを決意しました。それは転勤をすることによって単身生活をしなければならず家族と離れ離れになってしまうのが嫌だったというわけがひとつあります。 もう一つはこの仕事このまま続けていていいのかという疑問を感じたという面がありました。

仕事を続けていていいものかという気持ちはもう入社してから20年近く持っていたことなので、この時しかないと思いました。 そこで転勤ということを名目にして私は会社を辞めました。

スポンサーリンク



会社を辞めてからは転職活動を行いました。まずはハローワークに足を運びましたが、なかなか自分の希望する年収家仕事内容と合致する仕事が見つかりませんでした。その当時すでに四十代半ばになっており子供達は受験を控えていたということもあって、どうしても比較的高い年収の仕事が必要でした。

そんな高い年収の仕事はなかなかハローワークでは見つかりませんでした。また転職情報雑誌も見てみたのですけれども、なかなかピンとくるような案件がありませんでした。そんな中たまたま登録した転職エージェントでそういった私の希望するような案件がゴロゴロしてることがわかりました。

もちろん年収の高い仕事というのはそれなりのスキルや経験を求められるわけですけれども、そこあたりは前職で結構培ってきた地震がありました。転職エージェントに登録して今後やりたい仕事や転職でやってきたことなどを担当者に説明。すると即日、こんな求人はどうでしょうかという形で求人情報の案内を担当者からしてくれました。

その中には色々な研究職に関する仕事があったんですけれども、私に合う感じの仕事がいくつかありました。それからは転職エージェントの方がいろいろ面接の日取りなどをセッティングしてくれて、面接を数回受けて転職が決まりました。

私が選んだ転職先は、 it 関連企業でした。その理由はもともとパソコンを操作するのが好きで一人でプログラミングもしていたというのもありますし、後はこれからの時代 it 関連企業がますます伸びるというふうに考えていたというのがあります。後は年収が 格段に高かったりするということ。

そういった魅力に惹かれて it 関連企業に応募し採用されました。現在は都内にあるオフィスで働いているわけですけれども、職場環境をもうとても良くて満足しています。それも転職エージェントに登録してから話がトントン拍子に進んだので本当に感謝しています。

転職をしていく上でどんな媒体を使うかは人によって合う合わないがあると思います。私の場合前職でマネジメントですとか研究に関することをやっていたので、そういったスキルを転職者に求める企業は転職エージェントに集まっていました。転職エージェントの抱えてる求人情報は非公開求人と言って、一般の求人サイトやインターネット上では公開されていないような求人がたくさん集まっていたりするのです。

そこでは年収が高いけれどもその分、スキルや経験を求められるといったものが少なくありません。 人材を募集する側も、たくさんの人に面接を行うというよりは、その水準を満たしている応募者に絞るという意味で転職エージェントを通した求人を行っているというところが多いみたいです。

ハローワークの場合、年収に関してはピンからキリカリどちらかと言うと地元の求人情報に特化した仕事が集めてるという印象を持ちました。どちらかというと大企業の求人というのはあまりいなくて零細企業中小企業が中心で、住んでる人人たちの生活に密着した仕事が全体として多いような感じがしました。ですからはまり通勤時間をかけたくなくて地元の企業に愛着を持っている人には、ハローワークを通した転職というのはとてもマッチング率が高いのではないかと思います。

求人情報サイトまたは求人情報雑誌の場合、総合的な役割をしていると思います。そういった媒体の場合、誰でも名前を知ってるような大企業から、雑居ビルに入ってるような中小企業まで本当にバラエティに富んでいます。誰でも応募できるだけに採用の競争倍率は比較的高くなるということはあると思います。また大変優良な求人もあれば、かなり怪しいブラック企業の求人もあったりします。そこあたり、広告費さえ払えばだいたい求人情報を掲載できるという背景があるのではないかと思います。

後派遣社員の場合、色々な派遣会社があります。どこに登録しても同じというわけじゃなくそれぞれに特化した分野や得意とする分野があります。給料の支払い方法ですとか、派遣期間の短さ長さといったものも派遣会社によって全く違っています。

自分に合う求人を見つけるためには、まずは色々な求人情報媒体を見てみて自分に合うものを見つけることから始めてみてはいかがかと思います。私の場合たまたまそれが転職エージェントだったりしたわけです。

転職活動を通して得たものとしては、自分の進路を色々と考える良い機会になったということです。ある意味大学生時代の就職活動の時の気持ちも取れたと言いますか、また一から新しいことを始めるということはなかなか楽しいものだったりもします。そこあたりは考え方次第なのかなと思ったりします。

 (転職の体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク