社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク
効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

【決定版】暇で楽なアルバイトランキング(短期バイト&長期バイト)

椅子に座って車の数を数えるだけ!交通量調査バイトは楽バイトでした(20代男性)

 椅子に座って車の数を数えるだけ!交通量調査バイトは楽バイトでした(20代男性)

楽なアルバイトのなかでも特にラクだと思たのは交通量調査バイトです。

スポンサーリンク



交通量調査バイトの仕事内容は車の数をカウントして記録するというというもの。椅子に座ってできるので、本当に楽なバイトでした。

求人情報サイトのINDEEDを検索して交通量調査バイトを見つけました。1日のみの激短バイトで日給は9000円という条件でした

アルバイト当日は朝6時に集合して現場監督の人が調査ポイントにそれぞれの調査員を振り分けていきました。

調査ポイントは車道に面した歩道橋の隅で、ヘルメットや腕章を着用して調査開始時間がやってくるのを待ちました。

当日の交通量調査時間は朝7時~夜7時までの12時間でした。2時間調査したら1時間の休憩という感じだったので実働時間は8時間でした。

やる仕事内容は専用のカウンターを使って指定された方向に走っていく車の数をカウントしていきます。

その際、乗用車、バス、トラックというように車種ごとに分類しながらカウントしていきました。そして1時間経過したら記録用紙にカウンターが表示している数値を転記していくのです

そういった作業を延々と繰り返すだけという超楽な仕事でした。

スポンサーリンク



仕事内容は簡単な単純作業。わずらわしい人間関係を気にする必要もなし。居眠りすることなく、真面目にしていさえすれば誰にでもできる楽な仕事だと思いました。

調査時間が終わる夜7時になると椅子などを片付けて、手渡しで日給をもらいました。それであとは自由解散です。

あまりに楽すぎるアルバイトなので、(退屈過ぎて)頻繁にやるのは人によっては難しいかもしれません。ただたまにやるのはいいなと思いました。その場で日給が即給でもらえるのも良いなと感じました

  (楽なバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク