社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

クリスマスケーキを製造する短期バイト体験談(30代女性)

 クリスマスケーキを製造する短期バイト体験談(30代女性)
クリスマスシーズンがやってくるたびに毎年思い出すのが ケーキの製造バイトです。こちらはケーキ屋にて 募集していた短期バイトだったのですが とても楽なアルバイトでした

スポンサーリンク


クリスマスケーキを買いに来る人がクリスマスイブにはたくさんいます。その時期のみの短期バイトで 大学生や短大生を中心に学生たちがたくさん活躍していました。

ケーキはいくつかの工程を経て完成品になります。生地を作ってそれをオーブンで焼き ホイップクリームを 乗せてチョコレートなどでデコレートして 箱に入れて完成

それらを分業して作っていました。私が任されたのはホイップクリームを乗せる作業でした。ホイップクリームを入れたチューブから生クリームを絞り出しケーキの上に乗せていく作業です。

次から次へと行ってくるケーキの生地に生クリームを添えていく作業を延々と繰り返すだけでした。最初のうちは生クリームの形をうまく作れなかったり多めにクリームを出し過ぎてしまったりしましたが何十回と同じ作業を繰り返しているうちに均一量で良い形にホイップクリームをのせることができるようになりました。

この作業はクリスマスイブの前日に夜通しをかけて行われました。つまり夜勤というわけです。仕事内容は簡単だったのですが夜中はとにかく眠かったですね。

適度に休憩時間もありその都度は目をつぶって疲れを取っていたことを思い出します。とはいえ時給は1000円を超えていて当時の短期バイトとしてはとても待遇がよかったという風に感じました。

スポンサーリンク


アルバイトが終わったら手渡しでアルバイト料を頂きました。そして何より嬉しかったのがクリスマスケーキをひとりひとつずついただくことができたということです。

甘いものが好きというのもあるのですが、自分たちが作ったクリスマスケーキの味は特に格別で良い記念にもなりました。こうして頑張って作ったクリスマスケーキを私は家に帰って家族と一緒に食べたのですがとても良いひと時でした。

よく頑張ったなあと家族の皆も褒めてくれましたし私自身もケーキで喜ばれてさらにお金でも稼ぐことができたので一石二鳥のアルバイトだなと感じました。

クリスマスシーズンがやってくるたびにこのケーキ作りのアルバイトを懐かしく思い出します。現在は都内で OLをしているためなかなか休みも取れず夜勤をすることなどは到底できません。ただまた何か機会があればやってみたいなと思う楽しいアルバイトでした

  (クリスマスのバイト体験談 30代女性)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク