年齢とプライドが邪魔をしてなかなか転職活動を進められない私(50代女性)

スポンサーリンク


私は現在50代の女性です。今は転職活動をしているのですが、年齢とプライドが邪魔をしてなかなか前に進めないという状況にあります。

スポンサーリンク



前職を退職するまでは、保有している資格を活かしながら、かつ、自分のキャリアを活かして、正規職員として転職を繰り返しステップアップしてきました。

女性にしては社会的地位も年収もそれなりにある職業についてきました。家庭の事情でいったん退職するまでは・・

家庭の事情によって私は1年半ほど専業主婦をしていました。ただ、家庭の事情もある程度解決がついたので、再度働く意欲が少しずつ出てきました。

そこで、転職活動を開始しました。転職活動ではハローワーク、新聞の求人欄、転職情報サイトを活用しています。

私が保有している資格があれば、少なくとも時給は1200円以上はもらえるという求人が多かいです。また、正規職員を募集している案件も結構あったりします。

50歳代後半の私の年齢でも正規職員として雇用してもらえる可能性はあると感じました。だったら、その求人に応募してさっさと転職したらどうですか?ということになりますが、なかなか気持ちが前に進みません。

というのは正規職員として勤めることを選択したとしたら、多くの場合、夜勤があるからです。夜勤をしなくてもよい職場もありますが、限られています。

夜勤がある職場に50代後半というこの年齢で行ったら、翌日は体力が余っていなくてほとんど自分が使い物にならないことはわかっていたのです。

また、50代後半といっても一応は女性ですから美的な部分でも大きな影響を受けることは避けたいと思いました。

また、転職先はどんな職場でも緊張を強いられることになり、また、正確性も求められるというのも気がかりでした。

年齢によって、目の調整能力は低下し、老眼鏡のお世話になっているなか、数度小さな文字をみて確認をしての作業を求められるのは結構つらいです。

それをしないと、大変危険なことが起こるから、必ず求められます。

スポンサーリンク



では、そういった夜勤はしなくてもよい、緊張するような場はほとんどない、といった職場を選ぶには、今度はプライドが邪魔をするのです。

それまで積み重ねてきたキャリアを考えると、そこまでして、正規職員として働かないといけないのか、と思ってしまいました。

また、周囲の目もとても気になります。なので、躊躇してしまいます。複数の職業紹介のサイトに登録をしているので、そこから結構オファーもありますが、そういった思いがあるので、再就職に踏み切ることができません。

また、もとのキャリアからのつてで個人的にお声がけをいただくこともありますが、その後のストレスフルな状況を考えると、なかなか気持ちを切り替えることもできません

きっと、今度の転職先が最後の職場になるんだろうと思うと、安易に決めることができないということもあります。

そうこうしているうちに、あっという間にどんどん年をとっていくのだろうな、と不安な気持ちにもなりながら転職活動を進めています。

 (転職の体験談 50代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク