社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク
効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

【決定版】暇で楽なアルバイトランキング(短期バイト&長期バイト)

当時大学生だった私が、厳しい旅館でのリゾートバイトを経験して良かったと思った2つの理由(30代男性)

 当時大学生だった私が、厳しい旅館でのリゾートバイトを経験して良かったと思った2つの理由(30代男性)
今から10年ほど前の話になりますが、大学生の夏休みに地方の観光旅館でリゾートバイトをしたことがあります。それが思ったよりも辛いアルバイトで泣きそうでした。

スポンサーリンク



リゾートバイトをするきっかけになったのは、何気なくアルバイト情報サイトを見ていたこと。夏休みにできる何か想い出に残るアルバイトはないかな?そんな気持ちで何気なくページをめくっていったところ、温泉地にある旅館でのリゾートバイトが募集されていることを知りました。

旅行をできてお金ももらえるなんて最高じゃん!

そう思った私はすぐに派遣会社に登録して応募。書類選考を経て無事に採用され、1か月間、住み込みでその旅館にて働くことになりました。

出発前はもうノリノリでした。るるぶを購入して、現地の観光情報を調べながら、「オーシャンビューの部屋のんびりできるな!」「海で泳ごうかな!?」「観光はどこ行こうかな?」「海産物に肉料理にうまいもの三昧だぜえ!」なんてウキウキして笑いが止まりませんでした。

大学のサークル仲間にそのことを話すと「いいなあ!」と皆からうらやましがられたことを思い出します。

ところが、そんな社会を知らないお気楽大学生には地獄の日々が待ち構えていたのでした・・

仕事内容は小規模な旅館ということもあり、旅館業務全般でした。女将さんや常勤スタッフから指示を受けてその作業をひたすら行うというものです。

朝は料理の配膳に皿洗い、客室や館内の清掃、シーツの取り換えや布団敷き・・ととにかく休む暇なく仕事に追われました。

女将さんは、初対面のときはきれいで優しそうな人だという印象があったのですが、いざ仕事となると鬼のように変貌。私たちリゾートバイトスタッフたちを容赦なくこきつかってきました。

厨房の調理人の人やベテランの仲居さんも怖い人が何人もいてビクビクして過ごしていたものです。リゾートバイトで来た大学生の一人は怒鳴り散らされ、泣かされてそのまま自宅に帰ってしまいました。

旅館のリゾートバイトで忙しいのは朝と夜。昼間には2時間の休憩時間が与えられて自由に過ごすことができました。しかし、とても観光をしようなどという気持ちにはなれませんでした。体力的にかなりきつく、疲れ果てていたからです。ですから休憩になるとともに自分の部屋に戻って、昼寝をして体力の回復をおこなってました

自転車を走らせたところには海はありましたが、海水浴をしようという当初のプランなど記憶のかなたに消えてしまっていました。それほどしんどかったのです。

寮の部屋は期待しているようなものではありませんでした。4畳ほどの物置みたいな部屋で、テレビも机もなし。従業員が寝るだけの部屋でした。それでも個室だったのでありがたかったのですが。

以上のように私にとって旅館でのリゾートバイトはきつかったのですが、このリゾートバイトをして良かった点もあります。主に分けると以下の2点です。

スポンサーリンク



良かった点の一つ目は、経費がかからないということです。リゾートバイトでは、食費、家賃、光熱費ほか無料。もしその暑い夏をリゾートバイトをせずに埼玉ですごしていたら、高いクーラー代に外食にとはじめいろいろ出費していたことでしょう。給料は17万ほどもらいましたがほぼ丸々貯金できました。

食事に関しては宿泊客のような豪勢な料理がでるわけではなかったのですが、ありがたかったです。メニューはごはんに味噌汁、つけもの、乾物くらいのもの。それでも、みそ汁の中にカニの足が入っていたりするだけで当時大学生だった私にはテンションが上がったものです。

リゾートバイトを経験して良かったと思った2点目の理由は。厳しさを通して社会人としての常識を学べたことですね。ふとんのたたみ方、敬語の使い方、お辞儀の仕方、制服の着こなし方・・などなど、女将さんや従業員の方に叱り飛ばされながら、本当にいろんなことを学ぶことができました。

これは、アルバイト中は本当に辛いことでしたが、後々になってみるとありがたかったと感じています。とりわけ当時大学生でこれから社会に出る準備をしていた私にとってはかけがえのない社会勉強になったと思います。

まあ考えてみたら当たり前ですが、お金をもらう以上、辛いことや嫌な思いをして、その対価としてお金をいただくというのが一般的です。

それを改めて確認することもできました。特にリゾートバイトでは、派遣先がリゾート地であるだけに、甘い期待を抱きやすいもの。しかし、働いてお金をもらうことは決して甘い気持ちでは駄目なんですね。それを知る良い機会になりました。

ちなみにリゾートバイトをやってみたい人は「」などリゾートバイト専門の派遣会社に登録してみるとよいと思います。採用枠に入れるかはその案件によって異なりますが、基本的に行きたいところを自分で選ぶことができるので合う人にとっては世界が広がると思います。

以上のように私にとって旅館でのリゾートバイトはかなりきついバイトでした。ただ、一方で得るものがいろいろあり成長することができたと思います。

 (リゾートバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク