転職して自分に合う仕事(事務職)に出会えた(30代女性)


私は今は結婚して主婦業をしていますが、結婚する前に仕事をしており、その時に転職も経験しました。

最初に就職した会社はまさに就職氷河期の頃にやっと手にした内定でした。

そのためずっと続けたかったのですが、残業時間がものすごく多いこと、気の強い女性先輩社員が多く、その環境になかなか馴染むことが出来なかったことなどで身体的にも精神的にも追いつめられてしまい、退職することとなりました。

そういった経験を活かして、次の転職活動をすることになりました。

本来であれば在職中に転職活動をしたほうがブランクなく次の会社に勤めることが出来るので良いのかもしれませんが、業務量がものすごく多い仕事をしていたため、とても在職中に受け持っている仕事と同時進行で転職活動が出来る状況ではありませんでした。

そのため、退職してから転職活動をすることになりました。

スポンサーリンク

幸い、私の場合実家暮らしだったため多少のブランクがあっても普段通りの生活をすることが出来ましたが、もしこれが一人暮らしだったら、なかなか出来なかったことかもしれません。

日々の生活費がどうしても必要になってくる状況ですから、そうなると大変な時間をやりくりして次の職が決まってから転職をしていたかもしれません。

私が最初に就職した会社というのは女性の割合がとても多く、女性同士の人間関係というのはとても難しいことを実感しました。

その反省を踏まえて、次の転職先は女性が多い職場ではない環境を選びました。

また、外出の割合が多かったり、残業で日々の疲れを癒すことが出来ず、身体的にも疲労がかなり溜っていたため、体力のない自分がしっかりと仕事に向き合えるような仕事をしていきたいと思いました。

そこで事務職を中心に転職活動をしていきました。

スポンサーリンク

転職活動をするにあたって、自分が今までしていた仕事やそこから自分が得意だと感じたこと、それを通じてどういったことが新しい会社で貢献できるかなどを中心に考えていきました。

もちろん自分が苦手だと感じること、自分の短所なども細かく洗い出していきました。

次の転職は思いのほかスムーズに見つかり、希望通りの事務職に就くことが出来ました。

その会社では男性社員のサポート的な立場となる業務で、黒子的な役割の仕事が多かったです。

ですが自分にはとても合っていた環境で、以前のように精神的、体力的に疲れてしまうことはあまりありませんでした。

そのため楽しく仕事をすることが出来ました。

(転職の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク