社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

仕事が長続きしない社会不適合者の特徴と向いている仕事30選(バイトも含む)

会社勤めをしても長続きしないなど、うまく社会に適合できない人はいらっしゃいませんか?知らないうちに社内で敵をつくってしまったり、朝起きるのが苦手だったりする人はそれに該当するかもしれません。

この記事では社会に適合しない人の特徴と、そのような人でもできそうな仕事を30個厳選してお伝えしたいと思います(ここでは社会不適合者について、厳密な定義を定めず、「何となく社会に順応しにくい人」という意味合いで考えています)。会社勤めが辛いという人々の何らかの参考になれば幸いです。

Table of Contents

社会不適合者にありがちな傾向や特徴

まず社会不適合者についてどのような傾向があるのか、性格的な特徴を中心に述べたいと思います。

特徴1「時間を守ることが苦手」

社会に出て働くうえで、時間を守ることは重要なことです。時間を守れない人は社会人失格というレッテルを貼られてしまいます。とはいえ、朝がんばっても起きることができない、あるいは趣味に没頭して時間を忘れるなど、時間を守るのが苦手な人もいます。

時間を守れず遅刻を繰り返していると会社では叱られる場面も多くなり、なかなか信用を得られにくいことは言うまでもないでしょう。ただ、そういった人は社会に適合しにくいかわりに、類まれなる集中力を発揮したり、独創的な発想をできたりする人なのかもしれません。

特徴2「他人と共同作業が苦手」

会社など組織のなかで働くうえで、共同作業をする場面は多いかと思います。そのような場面において社会不適合者は、うまく周囲と協調しながら作業をすることができません。

他人との「あうんの呼吸」ができず、その場の空気も読めないため、本人が気づかないところで他人を傷つけ、反感を買ってしまうことが少なくありません。ただ、そういった人は良い意味で人間関係に鈍感であるため、小さなことにクヨクヨせず大胆な行動に出て、それが社会的成功に結び付くケースが少なくありません。

特徴3「性格が自分勝手で自己中」

社会不適合者は、性格において自分勝手で自己中心的な傾向があります。言ってみれば、自分さえ良ければ他人はどうでもいいと考えることが多いわけです。他人の気持ちを推し量ることが苦手であるため、人によっては他人の粗探しをしてそれを容赦なく批判する人もいます。

そういった人が会社勤めをしたら、真っ当なことを言ったとしても「やっかいな人間」だと反感を買ってしまいます。自分の意見を決して曲げないことから、トラブルメーカーになりやすいです。

ただ、そういった人は自分の考えや言動に確固たる自信を持ち合わせているものです。ですから、小さな失敗にもめげず、我が道を突き進んでいきます。結果的に、合う仕事に就けば、能力を発揮して大きく出世する場合もあります。独自性があるため、経営者として大きな成功を収める人もいます。

人間嫌いである

過去にいじめにあったなど何らかのトラウマを抱えている人のなかには、人間を信用できない人もいます。そういった人は人が集まる組織のなかでは、どうしても浮いた存在になりがちです。

誰かと交流することを怖れているため、自ら人を避ける行動は周囲からすると付き合いの悪い人間だと思われてしまいます。また本人も人間関係によるストレスを感じやすく常に怯えながら過ごすことを余儀なくされてしまいます。ただ一方で、慎重深く警戒深い性格であるゆえに、それを生かせる仕事、あるいは人と接しなくていい仕事では力を大いに発揮できるケースもあります。

社会不適合者ができそうな仕事15選

では社会になかなか適合できない人はどのような仕事を選べば力を発揮できるのでしょうか?以下、30個の仕事と主な雇用形態を厳選してまとめてみました。

➀ブロガー(在宅)

ワードプレスや無料ブログなどで文章を書いて、広告収入を得る仕事です。広告にはグーグルアドセンスをはじめとするクリック型のものと、A8ネット、afi―Bなど商品が売れたときにその一部が広告収入となるものがあります。

広告収入は成果が出るまでにはそれなりの記事数、文章スキル、キーワード選定力など必要。ただ、軌道に乗れば不労所得になります。自宅や喫茶店などでパソコンさえあればひとりでできる仕事なので社会不適合者向けの仕事だといえるでしょう。

②YOUTUBER(在宅)

小学生のなりたい職業ランキングの上位にランクインされるなどで、今ブームになっているYOUTUBER。既にレッドオーシャンともいわれますが、5Gの導入によってまだまだ伸びる分野だといわれています。特に、ビジネス系、教育系などは特にまだまだブルーオーシャンだという声も。

ビジネスモデルとしえは、ユーチューブに動画をアップして、動画の再生回数などによってグーグルアドセンスから広告収入を得る、または企業案件で広告収入を得るというもの。ただ、チャンネルを収益化するには、登録者数1000人以上、総再生回数4000時間以上といったように基準が設けられています。

軌道に乗れば自宅や旅先などで、好きなことを動画にして、好きな時間に編集・アップできるので、まさに社会不適合者にもできる仕事だといえるでしょう。

③倉庫や工場の作業員(正社員、契約社員、派遣社員、バイト)

倉庫や工場で働く作業員たちは、倉庫内でピッキング、検品、仕分け、シール貼り、部品加工、組み立てなどを行っています。基本的に同じような単純作業を毎日繰り返すことが多いです。

そこでは商品などモノを向き合う時間が圧倒的に長く、他人とコミュニケーションをとる機会も少ない傾向もあります。そういった仕事柄、社会不適合者にも向いている仕事であるといえるでしょう。

④トラック・タクシー運転手(正社員、契約社員)

タクシー運転手やトラックは、車を運転すること自体が好きな人にとっては、自由度が高い面において社会不適合者向きの仕事だといえるでしょう。トラック運転手は荷物の積み下ろしをするときにコミュニケーションをとる場面はありますが、運転中はひとりで黙々と運転しているだけ。

タクシー運転手はお客とコミュニケーションをとる場面はありますが、短時間にすぎませんし、さしさわりのない会話をすればOK。最低限のマナーさえふまえておけば自分勝手な性格の人でもトラブルになりにくい仕事であるといえるでしょう。

⑤WEBライター(在宅)

WEBライターはパソコンやスマホで調べ物をして、企業HPやブログの文章を執筆する作業を行います。自宅や喫茶店、旅先などでパソコンさえあれば仕事をすることができます。企業から直接依頼を受けて仕事を受注することも可能ですが、ランサーズやクラウドワークス、サグワークス、シュフティといったクラウドソーシングを活用すると容易に仕事を受注できます(中間業者をはさむとその分、手数料はとられますが)。

⑥芸術関係の仕事(在宅)

陶芸家、書道家、画家など芸術関係の仕事は、ものづくりを淡々と行う場面が圧倒的に多い社会不適合者向けの仕事です。朝早く起きて出勤することもなく、対人関係が苦手だとしても作品さえ良ければ責められることもありません。むしろ社会不適合であることが個性となり、作品が評価されることも少なくありません。

きわめて自由度の高い仕事ではありますが、収入面においては不安定。副業を持っている人がほとんどです。

⑦ゲームデバッカー(正社員、契約社員、派遣社員、バイト)

ゲームデバッカーは発売される前のゲームをプレイして、バグがないかをひたすらチェックしていくという仕事です。

黙々とゲームをやっていればいい時間が長いので、人間関係があまり得意でない人にもストレスを感じにくい仕事といえるでしょう。ゲーム好きであれば、うってつけの仕事だと思います。アルバイトで働くにしても、時給は1400円~と、高めな点もお得感があり。

⑧覆面調査員(バイト)

覆面調査員は、ミステリーショッパーとも呼ばれています。居酒屋やレストラン、クリニックなどにお客として訪問して、従業員の接客態度、掃除の行き届き具合、サービスの質などをチェックする仕事。

そしてチェックした内容について調査後に、レポートを調査会社に提出します。この仕事は、従業員から調査員だと悟られないようにしなければならないため、他者とのコミュニケーションが苦手な人の方がむしろ適性があるといえるかもしれません。また、基本的に決まった時間に訪問する必要がないので、朝起きるのが苦手な人も取り組みやすいと思います。

⑨交通量調査員(バイト)

交通量調査の仕事は社会不適合者でもつとまりやすい仕事だといわれています。理由は2つあります。まずは仕事がとても簡単であること。仕事内容は車の台数を数えたり、渋滞の度合いを計測したりするなど、小学生でもできるような簡単な内容ばかりです。

理由の2つ目は他者とのコミュニケーション力がほとんど必要ないこと。仕事があまりに簡単であるため、仕事の説明を受けるにしてもすぐに終わってしまいます。日雇いの雇用形態がほとんどで朝7時~19時(12時間調査)、または朝7時~翌7時(24時間調査)という時間帯が多いです。交代制をとるため実働時間はそのうちの2/3くらいです。日給は8000円~12000円(12時間調査)、16000円~24000円(24時間調査)が相場。アルバイトにしては割がよいという声も多数。

⑩警備員(正社員、契約社員、バイト)

警備員の仕事は社会不適合者向きの仕事であるという声が少なくありません。その理由は単独での行動が多いこと。連携して動く場面はありますが、仕事自体は施設内の安全を点検・監視するなど一人一人で行動する場面が多いのです。

また 仕事時間自体も単純作業が多いです。意見がぶつかり合うなどの場面もほぼない仕事だと言えるでしょう。警備員の仕事内容は所属する警備会社によってかなり変わってきます。

おすすめは商業施設などやビルを警備する施設警備の仕事を主に受注している警備会社。施設警備のなかで夜勤は特に楽で、モニターを監視するのが主な仕事となります。自由に過ごせる時間も長くストレスもたまりにくいでしょう。拘束時間については施設警備員の場合24時間勤務というように長いため敬遠されがちですが、そのぶん仮眠の時間などもしかりありますし、休日も多く趣味に割ける時間もたっぷり確保できます。

⑪図書館・美術館関係の仕事(正社員、バイト)

図書館の司書や美術館の学芸員といった公共施設での仕事は、社会に順応しにくい人でも勤まりやすい仕事だと考えられます。理由としては、公共施設であるだけに仕事自体がゆったりとしていて、急かされるような場面がほぼないこと。またそこでは美術品や本といった「もの」を相手にする場面が長いからです。

ただ、非常に人気の高い職業なので 司書の資格や学芸員の資格は大学生の時に取得しておくのが良いでしょう。

⑫試験監督補助(派遣社員、バイト)

試験監督の仕事は模擬試験や資格試験においてテスト用紙を配布したりカンニングしている学生がいないかを監視したりする仕事です。試験監督の仕事は土日祝日に多いので普段はサラリーマンをしている人が副業として勤務していることもあります。

試験監督の仕事は「主任監督」「補助監督」「誘導員」に分類されていることが多いです。どの業務も仕事自体はラクですが、この中では補助監督は仕事が特におすすめです。主任監督の場合、試験に関する注意点や時間を会場でアナウンスせねばなりませんし、補助監督に指示を出さなければなりません。時給がそのぶん高めなのですが社会不適合者の場合、責任が少々思いかと想像されます。

一方で補助監督は、主任監督員の指示通りに動けばいいので気持ちがずいぶん楽です。緊張するのは問題用紙・解答用紙を配布回収する数分くらいのものです。しっかりとマニュアルを読み込んでおけば初心者でも十分対応できる仕事内容です。

⑬在宅での添削・採点スタッフ(在宅バイト)

有名どころではベネッセや Z会など通信教材の添削・採点を行う仕事。添削・採点スタッフは社会不適合者でも、学力さえあれば十分つとまる仕事だと言えると思います。

仕事内容としては解答用紙に赤ペンでアドバイスを書き込んだりマニュアルに沿って採点をしたりする業務。直接生徒と顔を合わせる場面も全くありません。添削・採点は期限こそ決められていますが自宅で好きな時にできるので朝起きるのが苦手な社会不適合者にもストレスの溜まりにくい仕事だと言えるでしょう。 特に主婦の場合、家事の合間に添削・採点の仕事をしつつお小遣いも稼げるので取り組みやすいようです。

⑭在宅での動画編集者(在宅)

世間で YouTuber という職業が一般的に定着してきましたが、それに応じて動画編集者の需要も高まっています。動画編集者は 与えられた動画素材をつなぎ合わせ、音楽をつけたりテロップをつけたり、無駄な部分をカットしたりといった作業を専用のソフトで行います。

専用ソフトの性能は年々上がっており操作方法も簡単になってきています。編集方法を一通りマスターすれば参入障壁も低く、比較的容易に取り組める仕事だといえるでしょう。 これからの時代、動画コンテンツ制作を様々な企業が力を入れていくと発表していますし、ますます需要が高まっていく仕事ではないかと考えます。

⑮物件のオーナー(在宅)

マンションなど物件を所有してそれを貸し出すことで家賃収入を得るビジネスモデルです。物件オーナーの中にはあちこち土地を持っていて、そこを駐車場にして月額で貸し出すというケースもあります。

ビジネスを始めるには初期投資が必要ですが稼働率がそれなりに高くなると不労所得を得ることができます。入居者とのやり取りについては仲介業者が代わりにやってくれるようにすれば、人と全くコミュニケーションを取らずに毎月収入を得ることが可能になります。まさしく社会不適合者向けの仕事だと言えるのではないでしょうか。

⑯スーパー品出し(正社員、契約社員、バイト)

スーパーマーケットでの仕事は 接客業というイメージが強いかもしれませんが、 品出しのスタッフはバックヤードと売り場をいったりきたりして商品補充をするのがメインの仕事なので 人とのコミュニケーション力はほとんど求められません。 商品をきっちりと補充し陳列していさえすれば誰かに叱られることもありませんし、 連携を取る場面もほとんどないので社会不適合者でも十分つとまる仕事だと言えるのではないでしょうか。

⑰ホテルマン夜勤(正社員、契約社員、バイト)

シティホテルやビジネスホテルでの仕事は 究極の接客業というイメージがあるかもしれません。しかし、 それはお客がチェックインやチェックアウトする時間帯に働いているスタッフのイメージで、夜間は全く様子が違っています。

宿泊客の多くは寝静まっているからです。エアコンが効かない、カギをなくして部屋に入れないなど緊急の連絡があった時には対応しなくてはなりませんが、そう頻繁に不測の事態が起きるものでもありません。資料作りはじめ裏方的な仕事が多く留守番をしているような仕事です。それでいて夜勤は夜勤手当も出るので給料面も良いです。

⑱住宅モデルルーム受付(契約社員、派遣社員、バイト)

住宅のモデルルームで受付をする仕事。住宅に関心がある人はそう多くないので、実際は留守番をしているだけのような暇な時間がとても長い仕事です。 モデルルームに人が訪れるときは、簡単にモデルルーム内の案内をして記帳をすすめるだけ。

住宅モデルルームは冷暖房が効いていてインテリアも美しいですし高級な別荘に宿泊しているような感覚です。仕事自体、簡単で、一人で過ごす時間も長いため 社会不適合者でもつとまりやすい仕事だと言えるでしょう。

⑲投資家(在宅)

投資家は企業の株に投資をしたりしてお金を稼ぐ人々です。 株式投資の他、太陽光発電、暗号資産(仮想通貨)、金など投資の対象はさまざまです。例えば株式投資の場合、成長をすると思われる企業に長期的に投資をする場合もありますし、株価の値動きが大きい株を1日単位で売買するデイトレーダーというパターンもあります。

投資家として成功するためにはそれなりの資金のほか、経済や金融の知識、経験が必要ですがパソコンまたはスマホ1台あれば取引ができる面で社会不適合者でもできる仕事だと言えるでしょう。

⑳ネットカフェの店員(バイト)

ネットカフェの店員はネットカフェで受付、清掃、簡単な調理、漫画の陳列などを行う仕事です。いろいろ業務がありそうに思われがちですが、ネットカフェでは お客自身がセルフサービスでサービスを利用する部分が多いため、 店員がやる仕事の量は限られています。お客の数が少なくてかつシャワーが設置されていないネットカフェは特に穴場です。働く時間帯は断然、人の出入りが少なくなる夜勤シフトがおすすめ。あまりに暇な時間が長くて、待機がてら漫画を読んで過ごしてるスタッフも少なくないのとか。

㉑せどり(在宅)

商品を安く仕入れてそれをメルカリやアマゾン、ヤフーオークションなどで売ることで差額を得るのが大まかなビジネスモデル。売れ筋の商品をいかに安く仕入れるかはそれなりの目利きが必要ですが、 昨今は相場を調べるスマホアプリも充実。初心者でも比較的参入しやすい副業として知られています。 パソコンまたはスマホ1台あれば自宅にいながらにして仕事はできるので社会不適合者向けの仕事であるともいえるでしょう。

㉒セルフガソリンスタンド のスタッフ(バイト)

ガソリンスタッフ の中にはお客自身がガソリンを給油するセルフガソリンスタンドもあります。 そういったガソリンスタンドのスタッフは モニターで監視をしていて給油ボタンを押すだけという簡単な仕事です行うだけです。 事務所では一人で作業していることが多いので 他人とトラブルにもなりにくい仕事ですし、 特に夜勤の場合車の数も少ないので 気楽にできる社会不適合者向けの仕事だと言えるでしょう。 この仕事につくためには危険物乙4を持っている必要があることが多いです。

㉓新聞配達員(バイト)

新聞配達員は昔からある定番のアルバイト。朝きっちり起きることができる人に限定されてはきますが、人とのコミュニケーションをほとんど取る必要がない仕事です。 きっちりと新聞さえ配ればあとは自分のペースで仕事をできるため、社会不適合者向けの仕事だとも言えるでしょう。

㉔ポスティング(バイト)

ポスティングの仕事はポストにチラシを投函していく仕事です。 大抵は決められた期日までにまとまった数のポストを配ってほしいという依頼を受けて仕事を進めていきます。その期限さえ守れば勤務時間は基本的に自由に決められるため、朝起きるのが苦手な社会不適合者でも問題なくできる仕事だと思います。

㉕農業(在宅)

田んぼで稲を栽培したり畑での作物を収穫したり、果樹園で果物を栽培したりといった農業の仕事は対人関係が希薄な仕事です。 出荷する時にコミュニケーションをとる機会がありますが普段は農作物を相手にする仕事であるだけに、対人関係によるストレスもほぼ皆無でマイペースで仕事をすることができます。つくった野菜をネットで販売している農家も増えてきています。

農業に関する知識とそれなりの体力、根気さえあれば、 社会不適合者でもつとまりやすい仕事だと言えるでしょう。

㉖プログラマー(在宅)

It 化が進むにつれプログラミングスキルのある人材はますます重宝される傾向があります。 IT企業に入社してSEなどとして働く道もありますが、 それなりのスキルがあればフリーランスのプログラマーとして自宅で仕事をすることもできます。技術さえあれば自分のペースで仕事を受注し 仕事を進めることができるので社会不適合者に取り組みやすい仕事だと言えるでしょう。

㉗清掃員(正社員、契約社員、バイト)

清掃員は公園や商業施設学校などを掃除する仕事です。 ゴミがないように綺麗にするのが仕事で、特別な技術や経験を要するものでもありません。 掃除をしている時はそれぞれの担当エリアに分かれて 自分のペースで仕事をすることができるので他人とコミュニケーションをとるのが苦手な人でも十分つとまる仕事だと言えるでしょう。 七十歳以上の高齢者も多く活躍している仕事であり、体力的に自信がない人でも安心できるといえるでしょう。中には直行直帰の仕事で現場で一人で 作業をすればいいという現場もあり。 ただトイレ掃除が課せられることも少なくなく、その点、向き不向きはあると思います。

㉘データ入力(バイト、在宅)

パソコンで 数字や簡単な文字を打ち込んでいくデータ入力の仕事は常に需要のある仕事です。ブラインドタッチをできるだけのスピードと正確さが求められますがそれさえできれば、 決められた内容をただ打ち込むだけの単純作業なので 社会不適合者でも勤まりやすい仕事だと言えるでしょう。 会社で仕事をする場合もありますが在宅でデータ入力の仕事をしている人もたくさんいます。なお、それに関連する仕事として文字起こしの仕事もあります。こちらは録音された音源を聴いて、それをパソコンを使って文字に変換していく作業です。

㉙電気検針員(バイト)

電気検針員は 担当のエリアを巡回しながら電気メーターを端末を使ってチェックをするという仕事です。 電気を検診したらポストにレシートを投函するだけなので誰かとコミュニケーションをとる場面もほとんどありません。 基本的に1日を通して自分のペースで作業をできるても自由度が高い仕事だと言えるでしょう。

㉚経営者(正社員)

経営者はたくさんの人を束ねなければならないため、一見すると社会不適合者にはとてもつとまらないと思われがちですが、むしろ向いている仕事のひとつです。サイコパスな経営者が社会には少なからず活躍していることからうかがえるかと思います。それは社益をあげるために、仕事と割り切って社内を大胆に改革をしたり、部下を将棋の駒のようにうまく操ったりできることにも関係しています。また、経営者という立場においては、自分がトップであるため、社内の摩擦によって排除されるような心配もほとんどなく自分の考えを通すことができます。そういった経営者はワンマン体制を貫くことが多く、敵もつくりやすいですが、会社の業績を大きく伸ばしていくことも少なくありません。

まとめ

いわゆる社会不適合者は、人とうまくコミュニケーションをとりながら社会生活を営むことを苦手としている人が多いです。ですから、会社勤めにおいては、社内でトラブルメーカーになりやすく基本的に難があるわけです。ただ、モノと向き合う仕事をはじめ社会には適した仕事もいろいろ存在し、はまると大きな力を発揮できるケースもすくなくありません。

スポンサーリンク