社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

楽なアルバイトって言えば大学での心理学実験被験者バイト(30代女性 主婦)

楽なアルバイトといえば大学での心理学の実験は楽だと思います

こちらは派遣会社を通して紹介してもらったアルバイトで、すごくたまになんですけれども派遣会社からメールが来てどこどこの施設で心理学実験がありますみたいな案内が来ます

それに応募して枠が空いてたら参加できるという感じです心理学実験のバイトはどのようなことをするかと言うと心理学での被験者になるということです

学術的な難しいアルバイトだというイメージを持たれがちですがこの被験者のアルバイトに関しては全く知識は要りません

研究員たちが支持する通りに動くというだけですある時はロボットと会話をするという実験でしたこちらは研究開発中のロボットが研究室内に置かれていてそのロボットと会話をしてその感想をアンケートで答えるというものでした

そのロボットはいろいろなことを聞いてきました例えば好きな色は何ですか好きな食べ物は何ですか嫌いな食べ物は何ですかみたいな簡単な質問ですそういった質問に回答してアンケートでその時の心理状況や気になったことなどを記入するというだけの簡単な作業内容でした

それを約2時間半行って5000円の報酬をもらうことができました元々は3時間の予定だったのですが予定より早く済んだのでそういった感じになりました

大学での心理学実験のアルバイトは非常に楽ですいろいろ参加してきましたが今までしんどいと思ったことは全くありません

あえてしんどかったなと思うことがあったとすれば眠さが襲ってくるものが結構あるということです

大抵の実験は単調な作業を繰り返すものばかりですロボットとの会話実験以外にはひたすらパソコンの画面に向かって計算をするものですとかクロスワードパズルをひたすら解くといったような単純作業ばかりですですからどうしても長時間となると眠たくなってきてしまいます

それに耐えるというのが個人的には一番しんどいことかと思いましたと言っても外で働くよりもはるかに楽な仕事ということは変わりないことでしょう

実際のところ募集がなされたらすぐに枠が埋まってしまうということがほとんどですですからそういった心理学実験のアルバイトの案内が来た時は即座に返信をするようにしています

大学以外では研究施設でもそう言った心理学実験を行うことがあります派遣会社に登録する以外にも大学に通ってる人は大学の掲示板でもしばしば案内がなされていると聞いたこともあります

(楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク