社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

民間から公務員(町役場)に転職して良かった(20代男性)

 民間から公務員(町役場)に転職して良かった(20代男性)
私は公務員として町役場で働いています。電話応対、書類作成、町のイベント企画などを担当してます

スポンサーリンク


公務員の仕事は楽な仕事だと言われていますが、ものすごく楽というわけではありません。

ただ福利厚生面は とても充実していますし ノルマに追われるようなこともありません。

やはり民間の企業に比べると楽だなという風に思います。また町役場は色々な地元の人と関わることができる 楽しさもあります  
 
中には手厳しく公務員ついて批判するような住民さんもいますが 感謝される場面が多い仕事であったりもします

前職は 建設会社で営業の仕事をしていました

ただいわゆるブラック企業で、達成不可能なノルマを課せられていました と言ってもゴマをするのが上手く機嫌を取れる同僚は契約の取れやすいエリアを任されていました

私はそういったことができなかったものですから達成不可能なエリアばかり回され毎日のように上司から怒鳴られていました

また仕事に対する適性もさほどあったとも思いません 大学は遠く関係の学科を出たということで何気なく建設会社に入社しましたが 私がやりたかった仕事はそこではありませんでした

とにかくに数字さえ上げれば良いという社風にもあいませんでした そんな日々を送っているうちに 私に向いてるのは公務員の仕事ではないかと思うようになりました

こっそり公務員になるための勉強をはじました 勉強の期間はだいたい半年ぐらいだったと思います

スポンサーリンク


本当はすぐにでも会社を辞めたかったのですが、なかなか辞めさせてくれませんでした。

毎日残業ばかりだったので 勉強する時間はなかったですが、時間の合間に勉強し通勤時間も公務員の試験の過去問を解いていました

正直なところその環境から脱出したいという気持ちで勉強に力が入ったと思います

幸い、公務員試験の1ヶ月前に退職届を受理され、試験も一発でパスしました

今考えてみると、思い立ったときに公務員試験の勉強をして本当に良かったと思います

公務員の場合は、試験を受けるのに年齢制限がありますから もし転職を考える方がいるならば20代の早い段階で 実行するのがいいと思います。

給料こそ前職より下がりましたが、町役場の仕事はいろんな意味で安定していて満足しています。転職して良かったです

( 20代男性 転職の体験談)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク