派遣会社フルキャストは正社員の副業にも合っていると思う理由(30代男性)


私は平日はシステム系の会社で正社員をしています。ただ、給料が安く、派遣会社に登録して土日を中心に短期案件を主にこなしています。

登録している派遣会社はフルキャストという会社です。フルキャストは派遣会社のなかでも規模が大きくて、短期の仕事をたくさん扱っていることで有名です。

フルキャストに登録してはや5年ほどが経ちましたが、良い点と悪い点があると感じています。

まず悪い点としては、ときどき内勤スタッフが適当であること。例えば、事前に知らされていた仕事内容と現場で指示された仕事内容が違っていたり、緊急時に連絡しようと思ってもずっと話し中だったり・・

その点、営業所にもよるかと思いますが、連絡体制が一体どうなっているんだ?と思って不信感を持つことが何度かありましたね。フルキャストは登録者があまりに多いため、現状の内勤スタッフの数では十分対応をすることができないのではないかと推測しています。

一方の良い点としては、いろんな仕事を気軽に経験できるという点ですね。フルキャストに登録すると早速仕事を開始することができるようになっています。

一般的に何か仕事を始めようと思ったら研修があって試用期間があって・・という流れだと思いますが、フルキャストの場合、即日仕事に入れる案件も多いです。というのは、倉庫内での流れ作業や交通量調査など、誰でもできるような簡単な仕事が多いからです。

事前に集合場所や集合時間、持ち物などの連絡がフルキャストからあるのですが、現場に時間通りに行きさえしたら余裕でこなせる仕事ばかりです。

現場には責任者がいて、指示をいろいろ出してくれますし、未経験者の場合、その情報もフルキャストから伝わっているので安心です。

私のように平日は会社勤めをしていて土日祝日に副業をしている人間にとって、非常にありがたいスタイルですね。気が向いたときに仕事に申し込めるからです。

あと、こちらはフルキャストに限ったことではありませんが、派遣会社経由の仕事の場合、複雑な人間関係に巻き込まれにくいというのも気楽に仕事ができる大きな要因です。

長期間のスパンで働くと、組織内では個々の嫌な部分がどうしても浮き彫りになってきます。足の引っ張り合い、必要以上の上下関係、妬み・・そんな人間の嫌な部分をどうしても目の当たりにしてしまうわけです。

組織によっては派閥みたいなものもあってどんなポジションにつくかで頭を悩まされることも出てくるかもしれません。

私が平日働いているシステム系の会社は営業所に20名くらいいるのですが、ややこしい人間関係で胃がキリキリ痛むことがしょっちゅうあります。私のことを嫌っている同僚、高圧的な上司がいるからです。

はっきり言うと、そういった合わない人は避けて通りたいです。しかし、正社員として勤めている以上、毎日のように彼らと顔を合わせないといけません。毎日のことなので慣れは多少ありますが、ストレスは確実に心身をむしばんでいますね・・。

その点、派遣会社からの仕事の場合、現場で働く人々の面子が毎回変わるわけですから、変な人間関係がありません。

ですから、フルキャストを通して現場で働くときは、人間関係のことを考えず済むので気持ちが穏やかです。また仮に現場でやっかいな人がいたとしても、その現場には二度と入らないことで一生顔を合わせる心配もありません。

「人間関係に煩わされることが少ない」派遣会社の仕事をする最大のメリットはこれではないかと私は考えています。

とりわけフルキャストは登録者が多く、人間関係は本当に希薄です。登録している人は大学生、専門学校生、短大生、大学院生、中年フリーター、定年退職した高齢者・・とバラエティに富んでいます。

仕事内で挨拶くらいはしますが、そのほとんどが初対面なので、用事がなければ話しかけてくる人もいませんし、変な上下関係もありません。たまたま登録している派遣会社が同じというだけで「他人同士」というスタンスなのです。

実際、休み時間も皆、個々でスマホをいじったり仮眠をとったりしています。仕事が終われば「お疲れ様です」と言い合うことはありますが、仕事帰りに皆で飲みに行くなんてこともまずありません。

そういった人間関係の希薄さを淋しく思う人もいるかもしれませんが、私にとっては気楽でいいですね。お金が必要な時に気楽に簡単な仕事をできる。それがフルキャストの良い点だと感じています。そういったことから正社員として平日に働いている人の副業にも遭っているのではないかと私は思っています。

 (派遣会社の評判 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク