50代の私が派遣会社フルキャストに登録して感じたこと(50代男性)


私は現在50代男性で、派遣会社フルキャストに登録して働いています。

スポンサーリンク



20代~50代にかけていくつかの仕事を転々としました。前職は某大手メーカーで営業の仕事をしていました。飛び込み営業が中心の仕事で、ノルマが非常にきつかったです。コミュニケーション力が身につくなどメリットもありました。ただ、年下の上司に毎日のように叱られ、それでも3年ほど耐えてきたのですが最終的には退職しました。

退職してからはしばらく退職金を切り崩しながら生計を立てていたのですが、すっかり自分に自信を失ってしまいました。50代にもなって仕事探しというのは情けなく、ハローワークに行くのさえもできなくなっていきました。

いくつか履歴書も出したのですがことごとく不採用になりました。50代の覇気がないおじさんを雇おうなんて会社がそうそうあるわけないですからね・・

働かずに転職活動もさっぱりだった私。投資にも失敗して借金も背負うようになりました。最初は応援してくれていた妻もついに見切りをつけ、子供を連れて実家に帰ってしまいました。そんな八方ふさがりの時期に登録したのが派遣会社のフルキャストでした。

フルキャストはWEBで簡単に登録できます。登録したら即日仕事にエントリーできる手軽さもあって、仕事を始めやすかったです。

世間にはいろんな派遣会社がありますが、それぞれ強い分野が違っています。フルキャストの場合、倉庫や工場などで単純作業をする仕事場が多いです。スキルや資格も不要であまり頭を使わなくていい仕事がほとんどです。

登録してから随分月日が経ちますが、フルキャストを通していろんな現場で働きました。

たとえば倉庫内でのピッキング、仕分け作業、配送助手、食品加工工場、データ入力、検品作業、アンケート配布、交通量調査、渋滞長調査・・

なかでも交通量調査は特に楽でしたね。交通量調査は椅子に座って単に車の台数を数えるだけ。一日をのんびり過ごせました。それでいて日給が結構高いので驚きました。朝が早いというのとたまにしか仕事がないのが玉にきずですが。

スポンサーリンク



一方、食品加工系の仕事はハズレが多いと感じましたね。仕事自体は簡単であっても、衛生面から現場に就くまでに消毒をするなど時間がかかるからです。トイレに行く際にも消毒を何度も行うので、とにかくめんどくさかったです。

あとはフルキャストから直接電話がかかってきて紹介される案件はしんどい仕事が多かったように思います。電話がかかってくるということは、何らかの理由で応募者が少ない現場。データをとったわけではありませんが、大抵は仕事がきつかったり、あるいは現場にキツイ性格の人がいる、または最寄駅から遠いなど訳アリ案件が多かったですね。そこあたりあくまでも私の個人的な感想にすぎませんが・・

フルキャスト以外についてもいえることですが、派遣会社の良いところは、自分が現場を選べるということです。正社員としてどこかの会社に勤めるなら、もし職場に合わなくても簡単に辞めることはできません。しかし派遣社員の場合、それが簡単にできてしまいます。

長期派遣の場合、契約日数の問題もありますが、短期派遣の場合、現場とは短いつきあいです。例え仕事が辛い現場でも、派遣期間さえ耐えれば次は二度とエントリーしなければいい話です。

私が前職で味わったように、数年にわたって年下上司から怒鳴られるなんてことも派遣会社の仕事の場合はないわけです

思っていたのと違う!と思うキツイ現場も中にはありました。ただ、そういった現場も契約日数を勤めさえすればオサラバと思うと気が楽でしたね。

私の場合、とりあえず、良さそうだと思う仕事に短期で入ってみて、気に入ったらその現場を見つけ次第エントリーするという形で仕事をしてきました。

フルキャストに登録すると、毎日のように膨大な数の仕事案件がメールで送られてきます。仕事の選択肢が多いのは本当に良い点ですね。またその多くは知識や経験がなくてもできるような簡単な仕事ばかりなので、気楽にエントリーすることがで切る点も気に入っています。

現在は、フルキャストを通して倉庫内でピッキング作業をする長期派遣の仕事をやっています。単調で退屈をすることもままありますが、自分のペースでのんびりできる点が気に入っています。ちなみに派遣会社フルキャストには私くらいの50~60代のほか、20~40代のフリーター、大学生、専門学校生、短大生と幅広い層が登録しています。本業を別に持っていて副業で働いている人も結構います。

  (派遣会社について 50代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク