SNSフォローボタン

フォローする

オール電化の賃貸住宅を選ぶ4つのメリット

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク



テレビCMなどでも話題ですが、近年、オール電化賃貸住宅の人気が高まっています。オール電化の物件は、照明、冷暖房、調理、給湯などに利用するエネルギーをすべて電気でまかなう仕組みになっています。仕事を探している人や既にサラリーマン・OLとして働いている人、専業主婦の方の中にも気になる方が多いのではないでしょうか?そこで今回は、オール電化賃貸住宅を選ぶメリットを4つ紹介します。

安全性が高い

オール電化の賃貸住宅では室内で火を使いません。例えば調理をする時はガスコンロではなく電気によって調理ができるIH クッキングヒーターが設けられていることが多いです。冬場はガスや灯油を使って暖房をせず、こちらも電気を使います。火を使わないことから火災が起きるリスクが低く、安全性が高いといえるのです。また、火を使わないことでCO₂の削減もにもつながるため環境にも優しい住宅とも言えます。

災害からの復旧に強い

オール電化の賃貸住宅は災害からの復旧に強いと言われています。なぜなら、ガスを使わないからす。例えば大地震が地震が発生してライフラインが断たれる事態が起きたとき、ガス管の復旧には時間がかかります。一方、 電気の場合、架線をつないで比較的早期に修繕ができるのです。

掃除をしやすい

オール電化の物件の場合、キッチン周りの掃除がしやすいのもメリットです。ガスコンロを掃除する場合、油で焦げ付いた汚れを取るのは大変な手間です。一方、オール電化物件のIH クッキングヒーターの場合、プレートの上に直接調理器具を置いて調理するスタイルのため、プレートを拭き掃除をするだけで簡単に綺麗に汚れを落とすことができます

料金が安く済む

オール電化の賃貸住宅では 電気代の節約につながることもメリットといえるでしょう。例えばお風呂を沸かすとき、ガスで沸かす場合はそのたびにお湯を沸かさなければなりません。一方でオール電化の物件なら深夜の電気代が安い時間帯を使ってお湯を沸かし暖房用の熱エネルギーをためて日中使用するといったことができます。もちろん使い方にもよりますが、一般的に光熱費を安くおさえることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク