大学生でコンビニバイトと出会えてよかったと思う理由(20代男性)

私は大学生4年春まで大手コンビニチェーンでアルバイトをしていました。今も大学生なのですが就職先が決まり、大学生活の最後は他のことに挑戦しようと日々奮闘していまっす。

コンビニバイトを始めたのは大学2年生の秋でした。それまでは短期バイト中心にやっていたのですが、大学の学費を支払うためまとまったお金を稼ぎたいと思いコンビニバイトに応募。無事採用されました。どうして色々なバイトのなかでコンビニバイトだったのかというと、コンビニバイトは高校生もやっているくらいだし仕事が簡単そうだだと思ったからです。あとコンビニバイトは女性スタッフも多いので良い出逢いを期待して・・。

スポンサーリンク



そんなかなり舐めた動機でコンビニバイトをスタートしたのですが、コンビニバイトは思った以上に大変で忙しい仕事でした。

コンビニ店員は単にレジを打つだけではなく、同時並行でいろいろやらなければなりません。列挙してみると以下のようなことをコンビニ店員はやっています。

接客とレジ打ち・レジ閉め
宅急便の対応
公共料金支払いの対応
床やトイレの清掃
揚げ物の調理と販売
おでんの調理と販売
たばこの販売
切手や印紙の販売
ドリンクの販売
賞味期限チェック
品出し業務
廃棄業務
発注業務
雑誌や新聞の陳列
キャンペーン商品対応

あと、チケット発券機やコピー機の使い方が分からないという方がいらっしゃったら、横について操作方法のアドバイスしなければなりませんし、ときには思いもよらないトラブルに遭遇することもあります。

コンビニバイトは2~3名で分担してやるわけですが、お客さんの数が多い時間帯はレジだけで精一杯で大変でした。ただ、ピークを過ぎると結構のんびりとできる時間もあり、同じシフトに入ったスタッフたち同士でおしゃべりを楽しんでいたものです。最初は覚えることがたくさんあるものの慣れてしまうとルーチンワークに過ぎずラクな仕事だなと思える場面も増えていきました。

またコンビニは全国のいたるところにあります。学生が多く人の入れ替わりが激しい職業柄もあって求人を募集しているコンビニは本当に多し。例えばもし引越しをして辞めることになっても、気楽にバイトにありつけるというわけです。

私のコンビニバイトの先輩は大学を卒業してから一般企業に就職したものの、上司とそりが合わず退職。コンビニバイトにカムバックしたという人もいました。いずれにしても、一度仕事をマスターしておけば、人生の武器になることは間違いないと思います。

スポンサーリンク



コンビニバイトを通して身についたことも多いです。一番は接客技術ですね。「いらっしゃいませ」と笑顔でお客さんを迎え、敬語を使ってお客さんの対応を繰り返しているうちに、自然と接客スキルが身についていきます。特に学生の人は社会に出る前に良い社会勉強になるのではないでしょうか。

大変なことは、時々理不尽なクレームを言ってくるお客さんがいることです。ただ、そういったシーンは社会に出たらもっとたくさんあるわけですから、その対応の練習と私は前向きに捉えていました。

最後にコンビニバイトは出会いはあるのかについてですが、人によっては「ある」と思います。実際に私が働いていたコンビニの同僚の中には何組かカップルになっている人もいました。コンビニバイトの男女比は大体1:1で夕方は大学生と高校生が多いです。ですから大学生がコンビニバイトに出逢いを求めるならその時間帯のシフトに入るのがいいかもしれません。あとはお客さんから連絡先の書かれた手紙を渡されてそのまま付き合ってしまったという後輩もいましたね。

大学時代にコンビニバイトをやって私良かったと感じています。就職面接でも物おじせずに挑むことができましたし、人間としても大きく成長できたと考えています。

 (大学生のバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク