券面

試験監督のバイトは50歳主婦でもできるのか?についての回答

社会にはさまざまなアルバイト・仕事があります。
スポンサーリンク




求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。

試験監督のアルバイトの募集が秋から冬にかけて、求人誌を賑わわせます。特に子育てが一段落して週に1~2回お仕事やをしたいと思っている主婦層は試験監督の仕事は融通が利く仕事であるだけに、関心があるのではないでしょうか?

ただ、中には年齢が大丈夫なのか?と気にされている方も少なくないようです。例えば、私の知り合いの中に、50歳主婦でもできる仕事なのか?と躊躇しておられる方もおられました。試験監督経験3年の私がそれについて以下、回答いたします。

 試験監督のバイトは50歳主婦でもできるのか?についての回答

試験監督

試験監督のアルバイトは50歳主婦でもできるのか?

50歳の主婦の場合でも、試験監督のアルバイトができるのか?という質問に対する回答ですが、
Yes」です。

試験監督の場合、派遣会社経由あるいは直接雇用がありますが、私の知る限り、いずれでもOKです。というより、試験監督という仕事柄、あまり若い人材よりも年齢を重ねた人の方が好まれる傾向もあるほどです。

なぜなら、試験監督の場合、受験生達の前で試験の 注意点を説明したり、会場内を監視したりする仕事ですから、受験生よりも年齢の高い人の方が貫禄があって場に溶け込みやすいからです。

逆に若すぎる試験監督の場合、受験生になめられたり、あるいは、「こんなに若い人で大丈夫かな?」と不安に思われたりもします。そういったことから、試験会場では、中高年の人と学生など若手の人をバランスよく配置しているケースが多いです。

つまり50歳の人でも全く問題なくできるアルバイトです。というより、むしろ歓迎されます。

では、どのような人材が求められるのかというと、年齢よりも、適性があるかどうかです。テキパキ時間通りに動けるか、マニュアルをしっかり読み込み、決められた通りに動けるかなどが重視されます。あとは、スーツをきちんと着こなし、身だしなみもしっかりできるかですね。

なお、学習塾の四谷大塚の場合は面接と簡単な小テストがあり、SAPIXの場合は エントリーシートと電話面接が課せられます。

何歳ぐらいまで働けるのか?

試験監督バイトで活躍している人は、50歳どころか60代の人もゴロゴロいます。何か持ち運ぶと言っても、試験問題を運ぶぐらいですから、高齢の方でも体力的に問題なくできる仕事です。

派遣会社に登録している人の場合、70代でも働いてる人もいますし、予備校や学習塾での直接雇用で働いてる人は定年の65歳までということにが基本となると考えられます。

学歴は必要なのか?

私、短大卒ですが、試験監督のような難しい仕事できるでしょうか?」と不安になられる方もおられます。試験監督のアルバイトというと、大卒、院卒、あるいは教職に就いていた人というイメージを持たれがちだからです。

しかし、実際は学歴は全くと言っていいほど必要ありません。大卒、大学院卒のみならず、専門学校卒でも高卒でも中卒でも十分仕事ができます。

また、試験問題に関する知識も不要です。例えば、担当する資格試験が簿記会計試験に決まったとして、簿記会計に関する知識がなければならないかと言ったら全くそんなことはありません。

あくまでも試験監督の役割は 時間管理をすることと試験問題の配布回収、不正摘出などであり、試験問題についての質問については回答する役割を担っていないからです。

ただ、個人的にはある程度の国語力はあったほうがいいとは思います。なぜなら、試験監督は、試験ごとに、文字がびっしり書き込まれたマニュアルを読み込んで、試験の流れなどを把握しておかなければならないからです。

文字をたくさん読むことに対して抵抗がない人でないと辛くなるとは思います。あとは、試験の注意点などをホワイトボードに書く機会もあるので、漢字を間違えたりしたらたくさんの受験生の前で大恥をかいでしまうリスクもあります。ある程度の漢字の読み書きはできた方がいいでしょう。

繁忙期と閑散期は?通年で仕事を得るには

試験監督の仕事は秋や冬になど受験シーズンにたくさん仕事が発生します。逆に、夏休みやゴールデンウィーク近辺の時期は仕事が少ないです。毎週決まって仕事があるのかと言うと そうではありませんし、派遣会社の場合、案件ごとに希望を出して、後日、採用者のみに連絡がくるというスタイルが多いです。

つまり、試験監督バイトは不安定な仕事だといえるでしょう。とはいえ、中には、試験監督バイトだけで生計を立てている人もいます。そういった人たちは、複数の派遣会社に登録して、更に、学習塾や予備校などでも直接雇用されているパターンが多いです。

予備校・学習塾では、河合塾四谷大塚SAPIXなどがあります。派遣会社に加えてそういったところでも仕事を受けるというわけです。 ただ、そういった大手の予備校や学習塾は東京都内に集中しているので、都会民だけができる技かもしれません。

まとめ

以上のように、50歳主婦でも試験監督のアルバイトは十分することが可能です。派遣会社登録、学習塾直接雇用などさまざまな働き方があり、基本的には好きな時に仕事に入れます。

年齢や性別よりは試験監督として適性が問われます。秋から冬にかけては繁忙期で逆に夏休みは仕事が少ないです。主婦にも人気があるアルバイトです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク