社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

疲れない仕事は人によって異なる理由

疲れない仕事っていったいどのような仕事があるんだろう? と思って 色々な仕事を探している人も少なくないかと思います。 確かに 疲れない仕事というのは存在するかと思います。 とはいえそれが万人に当てはまるのかと言うとそうではないというのが私の見解です。 その理由について今回述べたいと思います。

< 仕事で疲れる四つの原因>

仕事をして疲れる原因は主に4つが挙げられます。一つ目は 肉体的な疲れです。 例えば引っ越しの仕事や会場設置の仕事などは かなり体力がいる仕事に分類されるかと思います。荷物の持ち方にはコツがあってそれをマスターすればある程度はしんどさは軽減されるものの、それでも体力のない人にとっては 相当疲れる仕事だといえるでよう。 ですから今やっている仕事でヘトヘトになってしまう人は自分の体力に見合った仕事なのかどうかを精査してみる必要があるかと思います。 また逆に 体力がある人にとってはオフィスの中でじっとしているような仕事よりも外に出て体を使うような仕事の方が意外と疲れにくいかもしれません。

仕事をして疲れる原因の二つ目は人間関係によるストレスです。 日本人の場合この人間関係によるストレスで頭を悩ましてる人はとても多いのではないでしょうか。 例えば上司とそりが合わずに毎日のように理不尽なことで叱られていたりすれば、それは大きなストレスとなって心身を蝕んでいきます。 会社勤めの場合 嫌な上司がいたとしてもその場から逃げることがなかなかできないものですから、人間関係によるストレス悩みを抱えてしまうと じっと耐えなければならないということになりがちです。

あるいは 営業職の場合お客とコミュニケーションをとるのが苦手という場合も人間関係によるストレスに分類されるでしょう。 人間関係によるストレスが苦手な人はあまり人と接する場面がないような仕事 人間関係におけるいざこざが起きにくい仕事を選ぶのが良いかもしれません。

仕事をして疲れる原因の三つ目はパソコンやタブレットなど電子機器による疲れです。これはここに30年で大きく増えていると言われていますが、 今まで書類を作っていたような仕事もパソコンの端末で管理する場面が増えています。

便利な時代になったといえばそうなのですが、1日を通して十数時間もパソコンの画面を見ているとどうしても眼精疲労になりやすくなりますし、同じような姿勢をとっていることでそれが肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。SEなど特に長時間労働を強いられるような職場においてはこの問題が意外と大きかったりするようです。

仕事をしていて疲れる原因の四つ目はその仕事自体に喜びを感じないということです。人によってどのようなポイントで仕事に対する喜びを感じるのかは違っています。数字を追いかけて バリバリと営業成績を上げることに喜びを感じる人もいれば、人と接して相手が喜んでくれることに喜びを感じる人もいます。

自分に向いてない仕事であっても給料が高ければそれに満足できる人もいれば、 どれだけ給料もらっても 社会貢献性がない仕事に対しては暗い表情でしか働けない人もいます。 つまり自分の価値観の尺度はどこにあるのかということを考えて その仕事がどれだけ自分自身に喜びを与えているのかを考える必要があるということです。 もし仕事を通してあまり喜びを感じていないならば、 その仕事自体あるいは仕事をする条件を変えるのが良いのかもしれません。

疲れない仕事を選ぶには

疲れない仕事を選ぶためには上記したような仕事で疲れる四つの原因を考えてみたうえで、 自分にとってストレスが少なく喜びを感じる機会が多い仕事を選択することが重要だと思います。 例えば人と接することに大きなストレスを感じるけれど パソコンを使ってコツコツと物事を積み重ねていくことに喜びを感じることが出来る人なら、データ入力の仕事や在宅での Web ライティングの仕事など向いているのかもしれません。 あるいは 様々な同僚と刺激をし合って会社を盛り立てていくことに喜びを感じることができるような人なら、会社での企画の仕事や営業に向いてるかもしれません。

要するに人によって疲れない仕事というのは違っているということです。 一般的にこの仕事は楽で疲れにくいと言われているものはありますが、 それは人によっては疲れる仕事かもしれないということです。 例えば交通量調査のアルバイトは一般的には楽な仕事だと言われています。 カウンターを使って目の前を通る車の台数を数えるだけですし椅子に座って仕事をできるのでこれほど楽でナマケモノにでもできるみたいな感覚で捉えてる人が多いと思います。

しかし交通量調査のアルバイトは人によっては非常に疲れる仕事だったりもします。なんせ1日を通して同じ単純作業を繰り返すだけですし、そこでは一人でじっと同じ場所に座って仕事をしているだけに会話をする機会というのが少ないからです。

一人で黙々と単純作業を繰り返すのが得意な人によっては疲れない仕事かもしれませんが、 アクティブで 色々なところで自分を試したいような人にとっては苦痛を強いられる仕事だったりするかと思います。 ですから仕事を通して あまり疲れを感じたくないなら、 そういったことを考えた上で自分に合った仕事を選ぶことが重要だと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク