社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

高卒予定者が知っておきたい就職活動1年間の流れ

高卒予定者の就職活動は事前に知っているか知っていないかで大きく変わることがいくつかあります。当記事では高卒予定者が就職課活動をする上で知っておきたい1年間の流れなどについて主に説明しています。それを知ることによって計画的に就職活動の準備を進めることができると思いますので高卒予定の就活生はぜひ読んでみてください。

高卒予定者と大卒予定者の就活の違い

高卒予定者の就職活動は期間が短い

就職活動といえば好きな時に応募したい企業にたくさんエントリーして内定を受けたら就職するといったような流れをイメージしがちです。大卒予定者の場合、そのような一定の自由度が確かにあります。しかし高卒予定者の就職活動の場合状況が違っています。

というのは高卒予定者の場合、就職活動ができる時期やエントリーできる企業数が限られているのです。短期決戦であり、計画的に就職活動の準備をしておかなければ自分の就きたい仕事がわからないまま高校卒業を迎えてしまう恐れもあるので注意が必要です。

家業を継ぐ、起業をするなど特殊なケースは除くと、高卒予定者の多くは「学校斡旋」という形態をとって就職活動を進めることになります。学校斡旋というのは何かというと、簡単に言うと高校からの推薦のことです。ハローワークに登録した後、説明会や職場見学などを経て学校の先生と相談しながらエントリーする企業を決めていくというのが基本的な流れになります。

1人1社制の原則とは

高卒予定者の就職活動は、応募解禁日から決められた一定期間は、1人の求職者が1度にエントリーできる企業は1社のみと定められています。それは1人1社制と呼ばれている高卒予定者の就職活動ならではのルールです。

その一定期間というのは都道府県によって違いはあります。その期間が過ぎると一社限定のルールは適用されなくなり、2社以上のエントリーも可能となります。これは大卒予定者との大きな違いでしょう。

高卒予定者は大卒予定者と比べるとあまりたくさん企業を受けれないということになります。つまり、入社試験の時期が到来するまでに、エントリーする企業を絞り込んでおく必要があるということです。大卒予定者のように、いろいろな企業の面接を受けながら手ごたえを試して向いている職業を探すといったことが難しいということもいえそうです。

基本的に内定辞退はNG

大卒予定者の場合、より良い条件の企業に内定した求職者がそれまでに内定した企業の内定を辞退すというのはよくある話です。一方で、高卒予定者の場合、企業から内定が出たらそれを辞退するということは基本的にはできません。

なぜなら、高卒予定者は学校斡旋という形をとっているからです。それは暗黙のルールというわけですが、もし辞退してしまうと 学校の信用問題に関わってくるのです。ですから エントリーして内定をもらった場合 よほどのことがない限り入社しなければならないと考えて入社試験にのぞむことが必要であるということになります。

高卒予定者 就活の流れ

では高卒予定者は具体的にどのようなスケジュールで就職活動を進めることになるのでしょうか?高校三年次の一年間のスケジュールを大まかに記載してみたいと思います。

4~6月: 業種を絞る&ハローワークに登録

就職希望の高卒予定者は高校3年生になると、4月から6月にかけてどのような業種で働きたいのか考える期間を迎えます。そこではある程度、エントリーしたい企業を絞り込んでおくのが望ましいでしょう。この時期をついのんびりと構えてしまう高卒予定者は少なくありませんが、それでは一体自分がどのような仕事に向いているのかわからないまま就職活動に突入してしまうということになってしまいます。

6月になるとハローワークに登録を行います。例年であれば6月1日から高卒予定者に対してハローワークでは登録申請の受付がスタートします。登録は6月中旬までには済ませておくことが望ましいでしょう。

7月~8月 企業を見定める

7月に入ると高卒予定者向けの求人票がハローワークに公開されます。それと同時に高卒予定者を採用したい企業は各高校に学校訪問を行います。一方で、職場見学を開催する企業においては高校生の受け入れもスタートします。

この時期にはさまざまな企業の社員と直に話して仕事の内容な職場環境など知ることができるので、積極的に説明会や職場見学に参加してエントリーしたい企業を見定めることが必要です。なお、9月からは入社試験が始まるので、アピール材料として取得しておきたい資格があるならば8月までに取得しておくのがよいでしょう。

9月  入社試験、内定へ

例年であれば9月5日から 高卒予定者を採用したい企業では高卒予定者の応募受付が始まります。そして例年では9月16日から入社試験が始まります。入社試験の末、見事選考を突破して内定が出たら採用内定通知が届き、高校卒業してから晴れて新入社員として社会人デビューということになります。

9月は高卒予定者にとって就職活動において最も大切な時期です。体調をしっかりと管理するとともに、内定が出るまであきらめずがんばることが大切です。

まとめ

高卒予定者は学校斡旋という形で就職活動が進められます。高卒予定者の就職活動は少々特殊で、一定期間内は1人1社制のルールがあり、基本的内定は辞退できないなど大卒予定者と異なっている点があるので注意が必要です。6月にハローワークに登録、7~8月に職場見学などを経て9月に入社試験が始まるという短期決戦となります。1年間の大まかなスケジュールをあらかじめ把握しておき、事前に準備をしっかりして就職活動に臨むことで内定は近づくでしょう。

スポンサーリンク