社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ビジネスシーンでのマスク着用の是非/目立たないマスクの開発が望まれる

2020年1月から世界中で新型コロナウイルスによる新型肺炎が広がりを見せ大きな問題となっています。日本でも奈良県、大阪府、京都府、東京都などで次々と新型肺炎の疑いのある患者が見つかり深刻さを増しています。

そんな新型コロナウイルスに関する報道が連日メディアを騒がせるなかで、街に出かけてもマスクをしている人が軒並み目立つようになりました。ただ、通勤時間はマスクをしていてもいざ職場に着くとマスクをせずに働いているという人も少なくないのではないでしょうか?その理由には、マスク着用は失礼に当たるのではないかという先入観があるように思います。今回はその問題について自分なりの考えを述べたいと思います。

(商談ではマスク着用はNGであることが多い事情)

工場倉庫のスタッフ、飲食店のキッチンスタッフといった裏方の仕事に関しては マスク着用を禁じているような企業はほとんどありません。その一方で 営業職や接客業など人と対面する仕事においてはマスク着用を禁じているケースも少なくありません。

その背景には、マスクを着用して人と話をするのは、相手に失礼にあたるという概念があるように思います。マスクを着用すると顔の半分ほどしか見えなくなるわけですから、表情がわかりにくく、さらに上から目線で接していると勘違いされやすいというわけです。

ですから目上の上司に対しての発言の機会や他社での商談においては、マスク着用は暗黙の了解としてNGとされていることがほとんどです。

(ビジネスシーンでのマスク着用の是非)

マスク着用に関して、人によってはあまり良い印象を抱かないものです。そうなると、万が一、相手に不快感を与えてはいけないという気持ちから、風邪を引いていてもマスク着用をせずに商談にのぞむビジネスマンは多いようです。

しかし、 風邪を引いているにもかかわらずマスクを着用せずに人と会った場合、風邪の菌が相手に移ってしまうという問題もあるのではないでしょうか?今回の新型肺炎の問題においては、もし新型肺炎にかかっていれば新型コロナウイルスを移してしまうというリスクもあるわけです。

マスクを着用することによってそのリスクはかなりの部分で回避できるわけですから、生理学的な観点ではマスク着用はすべきであるといえるでしょう。ただ問題は。マスク着用をすることで相手に不愉快な思いをさせてしまう可能性があるということ

それらば、たとえば「マスクで失礼します。ちょっと風邪気味でして」といったように、相手と会って真っ先に一言ことわりの文句をいれればよいのではないでしょうか?

というのは、相手にとって最も重要なのは。自分のことをどれだけ大切に気遣ってくれているのかという問題だからです。確かにマスク姿を見て良い気分はしないにしても、菌を移したくないという思いやりが伝われば、それは逆に心理的にはプラスに働く思うのです。

とはいえマスクをしているとどうしても口の表情が見えにくくなり意思が伝わりにくくなることは否めません。それならば目で意識的に表情をつくったり、少しオーバーに頷いたり声を出して笑ったりする工夫を加えてみてはどうでしょうか?

相手のためを思ってマスクを着用しているという思いを伝える一言さえ忘れなければトラブルにならないと私は考えます。

とはいえ、その点、柔軟に考えることもビジネスシーンでは必要です。他社を訪問するときなどにおいては特にそうですが、マスク着用の事情を説明するタイミングがないケースもあるからです。あるいは会社ルールのために理不尽にもマスク着用が認められないこともあります。そのような時は敢えて抗わず、柔軟に考えマスクは外して対応するという判断が妥当なのではないかとは思います。

なお、ビジネスシーンでマスク着用する時はマナーとしてマスクの色に気をつけることも重要だと思います。最近若者の中で流行している黒いマスクは目立ちすぎますし絵柄がついたものも適しているとはいえないでしょう。白いマスクが無難かと思います。そこで注意をしておきたいのは、きれいな状態のマスクを着用するということ。もし汚れているマスクを着用していたら相手に不快感を与えてしまうからです。清潔さを表現することも重要です。

(目立たないマスクもあるにはある)

マスク着用によって問題なのは顔の半分ぐらいが隠れてしまって口の表情が見えなくなること。そしてマスク着用の外見は周囲からすると非常に目立ち、不信感を与えがちであるということ。それならば、マスクをしていてもマスクをしていることがぱっと見ただけでは分からないようなマスクを着用してみればいかがでしょうか?

何かそのようなアイデア商品のようなマスクはないのかな?と思って調べたところありました!

それは株式会社旭創業が販売している「使い捨て透明マスク」です。

「使い捨て透明マスク マスケットライト 耳掛けタイプ 30枚入」

 ビジネスシーンでのマスク着用の是非/目立たないマスクの開発が望まれる

使い捨て透明マスク マスケットライト 耳掛けタイプ 30枚入
価格:1650円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

 ビジネスシーンでのマスク着用の是非/目立たないマスクの開発が望まれる

楽天で購入

こちらは白い布地のかわりに、透明の素材(PET)がつかわれています。口も透けて見えるため顔の表情が分かりやすくなる効果もあります。
。使用感としては、口に密着しないデザインになっていることから、着用していても息苦しさを感じず快適に過ごせるようになっています。見た目に関しては真っ白いマスクよりも随分目立たないですし、なかなか良いのではないか!?と思いました。

ただ、近づくとやはりマスク着用がわかりますし、遠くからでも全く見えないというわけではありません。また、菌やウイルス対策をどこまでできるのかもわかりません。

「え!?マスク本当にしてるの!?」と誰もがびっくりするような「究極の目立たないマスク」があればなあ。もしそんな商品があれば大ヒットするだろうなあと思ったりしました。

スポンサーリンク