社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

倉庫でのピッキングのバイト 志望動機の書き方&仕事内容について

アルバイトを求人誌などで探していると、 「倉庫での簡単な軽作業!ピッキングスタッフ募集!」といったような募集広告を見かけたことはないでしょうか?ピッキングとは簡単にいうと倉庫で仕分けを行う業務のひとつです。今回はピッキングバイトの仕事内容と目に留まりやすい志望動機の書き方について述べたいと思います。

<ピッキングバイトの仕事内容とは?>

まずピッキングバイトの仕事の流れについて簡単に説明したいと思います。職場となるのは、いろいろな商品が保管されている倉庫(または工場)です。

倉庫には毎日のように販売店から数多くの注文票が届きます。そこで倉庫で働く人々は何をしているのかというと、注文表にしたがって該当する商品を倉庫の中から取り出してきてそれを発送するということを行っています。

その過程においていろいろなセクションがあるわけですが、ピッキングを担当する従業員は注文表を見て商品を探してくる作業を担当しています。なお、中小規模の倉庫の場合、商品を探してくるだけでなく、段ボールに梱包する作業も併せて行うこともあります。ダンボールに梱包した商品は、配送トラックに積み込まれ発送されていきます。

< ピッキングの方式は2種類ある>

倉庫の多くは、ピッキングのスタッフが伝票を注文表または 専用の端末を見て商品を倉庫の中を歩いて探してくる作業を行います。こちらは「摘み取り方式」と呼ばれる方式のピッキングのスタイルです。

ですから「摘み取り方式」でピッキングを行っている倉庫の場合、ピッキングの従業員たちは商品を探すためにかなりの距離を1日を通して歩くということになります。 商品が一箇所に固まっているとは限らず広い倉庫の中を伝票の中を見ながら行ったり来たりしなければならないからです。

なお、重い商品を取り扱っている倉庫の場合、フォークリフトに乗ってピッキングが行われるところもあります。その場合、もしフォークリフトの免許を持っていたらアピールの材料になるかもしれません。

一方で、取り扱っている商品の数が多い分、種類については少ない大規模倉庫においては 「種まき方式」と呼ばれるスタイルでピッキングが行われているところもあります。

「種まき方式」の場合、棚ごとにピッキングの従業員を配置してベルトコンベアで商品を流していくスタイルを取ります。こちらの場合、あまり歩くという作業を求められませんが、一か所にずっといるということになります。

<ピッキングは楽なバイト?それともキツイバイト?>

ピッキングのアルバイトは「楽なアルバイト」なのか、それとも「キツイアルバイト」なのかということは気になるところだと思います。長くこのアルバイトをやっている複数人から話を聞く限り「楽なアルバイト」という声が多いです。ちなみに私もその意見に同感です。

その理由としては「体力的に楽である」というのがまず挙げられます。「摘み取り方式」の倉庫においては、それなりに歩かなければならないということはありますが、 商品自体は軽いものが多く女性でも余裕をもってできる現場がほとんどです。アパレル関係や日用雑貨を扱っている倉庫においては、商品自体は軽いですね。ですからピッキングバイトを通して疲れてヘトヘトになるといったことはあまりなく、「今日も良い運動をできたな」という感じでしょうか。

ピッキングバイトが「楽なアルバイト」だという声が多い理由のもう一つの理由としては 仕事自体が「単純で簡単」であるということが考えられます。最初のうちは専用端末の使い方や商品のある場所についてある程度覚えることはあります。とはいえせいぜい半日もやっていたらすっかり慣れてしまうことでしょう。

作業自体は基本的には同じことの繰り返しであって、正確に該当する商品を探してくるだけの仕事。特別な技術やノウハウがアルバイトに求められることはまずありません。お中元やお歳暮の時期はさすがに商品の数が多くなって忙しさはありますが、そうでない時は暇で時間を持て余してしまうようなことも結構あります。

またノルマについても課せられることはありませんし、誰かに監視されながら作業をするということもありません。ただ、1時間のうち何個作業できたかについては専用端末に記録が残るため、あまりにもサボっていたらさすがに注意されます(さぼらず普通にやっていたらまず叱られることはありません)。

その点、ある程度、自分を律することができる人が向いているともいえるでしょう。1日の作業目標を決めて時間内に終えることが得意な人という感じでしょうか。あと、倉庫には色々な商品があるだけに商品自体に興味がある人は楽しいと感じる機会が増えるかと思います

例えば人気ブランドの衣料品を扱っている倉庫なら、ブランドものの服が好きな人にとって倉庫は花畑に映るのだとか。ピッキング作業をワクワクしながらできるようです。その点を考えると、自分自身が好きなものを扱っている倉庫を選ぶのがよいといえるかもしれません。

<目にとまりやすい志望動機の書き方>

ではピッキングバイトをやってみたいと思った時、 志望動機についてはどのように書けば目にとまりやすいのでしょうか?
ピッキングバイトをやってみたいと思う人は、まずは現場でどのような商品のピッキングが行われているのかを大まかに知っておく方が良いと思います。そして大まかな仕事内容を把握したうえで自分の適性とあっているということを述べることで採用担当者からの目にとまりやすくなると思います。

ピッキングバイトは倉庫内で単純作業を延々と繰り返していくという仕事であるわけです。 そこで求められるのは「正確さ」とある程度の「スピード」だと思います。そこあたりが「適性」ということになろうと私は考えています。

あと、「摘み取り方式」でピッキングを行っている倉庫では体力面も採用担当者は気にしているところだと思います。それなりの距離を歩かなければならないので、運動が苦手な人は採用しても長続きしないと判断されるからです。

あとは働ける時間帯や頻度についてもあらかじめ回答を準備しておく方が良いでしょう。 倉庫の多くは24時間稼働していて、色々な時間帯でシフト組んでいるからです。人手不足の倉庫においては面接に行ったその日に「明日から来れる?」なんて聞かれるところもあります。

では志望動機についてどのように書けばよいのかについてですが、一例として記載してみます。

(志望動機の例文)

アルバイト求人サイトにて募集記事を拝見し、応募させていただきました。 私の性格は几帳面で細かいところに注意しながら、スピーディーにものごとに取り組むことを得意としています。また趣味がマラソンで、普段からも長い距離を走っているだけに体力にも自信があります。 自分が持ち合わせているものを生かしながら御社に貢献することができればと思っております。よろしくお願いします。

(ピッキングバイトが見つかりやすい求人サイト)

では、どのような求人サイトでピッキングバイトが見つかりやすいのでしょうか?以下、おすすめの3サイトを紹介します。登録しておくと、最新のアルバイト情報も入ってくるので便利得です。

最大3万円のお祝い金!
Wお祝い金で最大6万円!
バイト求人【アルバイトEX】
 倉庫でのピッキングのバイト 志望動機の書き方&仕事内容について

・・アルバイトEXはマイナビ、anはじめ大手求人サイトを一括して検索できるようになっています。ピッキングなど倉庫内作業も見つかりやすいです。

バイトル[即日払いOK]の求人情報を検索
バイトル[即日払いOK]の求人情報一覧
 倉庫でのピッキングのバイト 志望動機の書き方&仕事内容について
・・バイトルは楽天リサーチ調べでユーザー満足度NO1を獲得した大手求人サイト。ピッキングはじめ倉庫内作業の求人も豊富です。

1日だけの短期アルバイト 倉庫でのピッキングのバイト 志望動機の書き方&仕事内容について

・・ショートワークスは1日~の短期バイト案件も豊富。ピッキングの仕事も見つけやすい求人サイトです

(まとめ)

ピッキングのアルバイトは注文伝票をもとに倉庫の中から商品を探してくる仕事です。倉庫の中を行ったり来たりするので歩き慣れている人が向いていると思います。ピッキングにはそういった「摘み取り方式」と言われる方式のほかベルトコンベアに流れてくる商品をピックアップしていく「種まき方式」もあります。正確さ、集中力、スピード感が求められる仕事です。志望動機においては そのようなピッキングバイトに求められる要素を知った上で、自身に適性があることをアピールすると良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク