社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

倉庫でのピッキングバイトに適した服装は?

倉庫でのピッキングバイトに適した服装は?

ピッキングバイト初めてやる人によく聞かれるのは「どのような服装をして行けばいいんでしょうか?」ということです。

というのはピッキングバイトの場合、特に指定した服装が定められることが多いからです。大体は「動きやすい服装」くらいにしか記載がないのではないでしょうか。

そこで今回は倉庫内でのピッキングバイトに適した服装なその他注意点について述べたいと思います。

< ピッキングバイトの仕事内容>

まずピッキングバイトの仕事内容について簡単に説明します。ピッキングバイトは物流センターの倉庫で行う作業のひとつです。どのような仕事をするのかと言うと、お客からの注文に応じて該当する商品を倉庫のなかから探してくる作業を行います。
皆さんのなかにはAmazonなど通販で買い物をよくする方も多いのではないでしょうか。 それを思い出してみるとわかりやすいかと思います。

通販で買い物をするとき、お目当ての商品と個数を選んで支払い方法を選択し、注文を完結しますよね。すると数日後にダンボールに梱包された商品が自宅に届くかと思います。

ピッキングの作業員たちは、そのようにお客からあった注文の品をピックアップしてきて、ダンボールの中にまとめ梱包する作業を行っています。なんとなくイメージできますでしょうか?

なお、大きな規模の倉庫の場合、ピックアップする作業と梱包する作業のセクションが分かれている場合もあります。

倉庫によっては商品リストを渡されてそれを探してくるパターンもあれば、 専用のタブレット端末を渡されて注文があるごとにタブレットに流れてくる最新情報をもとにピッキングを行うパターンもあります。

いずれにしても、商品を広い倉庫の中を歩き回って探して来なければなりません。ですから、一日を通してかなり歩く仕事だと言えます。

<どのような服装が適している?>

ピッキングの仕事はとにかく歩きます。それを考えると、あまり不必要に厚着をしていく必要はないかと思います。

とはいえ広い倉庫の中では冷暖房が効いているわけでもないので、温度変化による体調の管理は各自が行わなければなりません。

<寒い時期の服装は?>

ピッキングに行く際に服装に関して特に注意したいのは冬の時期です。私の場合、汗をかいても構わないTシャツの上にやわらかい素材の洋服を着て作業を行います。倉庫に到着するまではその上からジャンバーを着ていきます。

倉庫内にはロッカーがあるので、倉庫内がよほど寒くないときはジャンバーはロッカーに入れます。そして、リーダーが開始前に配布する作業用のチョッキを羽織ります。

少し寒いなと感じるぐらいでもピッキングの作業をしているうちに寒さを感じなくなります。手先が冷えては作業ができないこともあるので念のために手袋はポケットに入れておきます。商品をつかむことができるような 滑り止めの付いた軍手のようなものがいいと思います。

あとかなり冷える時期は、ニット帽をかぶることもあります。洋服の色に関しては特にこだわりはないですがあまり派手な服装をしている人はほとんどいません。 大体はベージュや黒、灰色といったような地味な色の服を着ています。

< 暑い時期の服装は?>

暑い時期に関しては、倉庫内は蒸し風呂状態になることもたまにあります。なかなか対策は立てることが難しいですが、とにかく汗をかいてもいいT シャツを着ていき、カバンに予備として1~2枚入れておきます。

また休憩時間に水分補給できるようにペットボトルにお茶を入れて持って行っていました。 ピッキングが行われる倉庫はとにかく広いので、自販機が近くにあるとは限らないため、飲み物は必ず持って行った方が良いと思います。

<ズボンについて>

ズボンに関してはチノパンやジーパンをよく履いていっていました。 色に関してはこちらもあまり目立たないような色がいいと思います。少しゆとりがあって動きやすいほうがいいと思います。というのは商品をピックアップする時に腰をかがめる際、ズボンがどうしえも伸びてしまいがちになるからです。

<靴について>

靴に関してはスニーカーを履いて行っていました。 こちらはスーツ用の革靴のように硬いものよりも柔らかくて歩きやすいものが断然良いです。倉庫内での仕事の多くは一か所で同じ作業を繰り返すものが多いですが、ピッキングは例外で運動をしに行くと考えて出発する方が良いと思います。

<その他、持っておいたら便利なもの>

基本的にスマートフォンは倉庫の中に保管している状態になります。外部に注文の情報が漏れないようにするため、作業場には通信機器は持ち込めないようになっているのです。ですから時間が分からなくなってしまわないよう、腕時計は持っておいたほうがいいでしょう。

なお、倉庫は密閉された空間であるだけに、冬に風邪をひいていたら周りに移さないようマスクも持参するとよいと思います。

<まとめ>

ピッキングに関する服装についての注意点はだいたい以上です。要は動きやすくてあまり派手ではない服装なら問題ないかと思います。少なくともスーツなど正装で行く必要は基本的にはないでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク