社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

精神的にも体力的にも疲れにくい仕事10選

 精神的にも体力的にも疲れにくい仕事10選
大して働いていないのに仕事でヘトヘトに疲れてしまうという人はいらっしゃいませんか? そういた方は、ひょっとして疲れやすい仕事を選んでしまっているのかもしれません。この記事では「疲れにくい仕事」について記載しています。

まずは仕事で疲れる理由を分析しよう

仕事をしていて大きな疲れを感じたとき、まずは一体どのような理由で疲れてしまうのかを分析することが重要です。 まず一つ考えられるのが「体力的な疲れ」です。

例えばあまり体力がない人が引っ越しの仕事ほか、重労働をやるならば、体に大きな負担になってしまいます。もし体力的に自信が持てないという人はそういった仕事を自ら選んでいないかチェックすることが必要です。

体力的に問題がないならば仕事で疲れる原因は精神的な要因ということになるでしょうか。

精神的要因で仕事がしんどくなっている場合、主に「人間関係からくるストレス」と「仕事に適性がない」という二つの理由が考えられます。

人間関係からくるストレス

現代人が特に感じやすいのが「人間関係によるストレス」です。 例えば会社勤めをしていて そりの合わない上司に毎日のように叱られているとどうしてもそれがストレスに繋がり精神的な疲れを感じやすくなります。

もし今勤めている会社が人間関係が良好でないならば、いかにしてそのストレスを緩和できるのかを、転職も含めて考えるのがよいでしょう。

仕事に適性がない

仕事は生活の糧を稼ぐ手段ではありますが、仕事内容には向き不向きというのがあります。 例えば接客が苦手な人が営業の仕事をしたら、 どうしても精神的に疲れてしまうでしょう。 それは人と接するだけで過度に緊張したり思い悩んだりして精神的な疲れが蓄積されやすくなるからです。

適性がない仕事をしているとどうしても面白くないものですし、それが表情にも表れ周囲から叱られる機会も増えるもの。 また 面白くない仕事では成績を上げることも難しくなりその結果、イライラして疲れてしまうということにもなりやすいです。

疲れない仕事を見つけるためのポイント

では「疲れない仕事」を見つけるポイントは何かというと、まずは「どのような場面で疲れてきたのか」を分析する。その上で、それを回避できる仕事を選択するということがポイントです。

例えば 人と接するのが苦手なのに営業職を選びそこで大きなストレスを感じた人は、あまり人と接しなくていいよな裏方の仕事を選んだ方が良いということになります。また会社内での上下関係によって大きなストレスを感じる人なら ベンチャー企業など人間関係がフラットな職場であったりあるいは在宅の仕事を選ぶというのも一つの案でしょう。

疲れない仕事10選

人によって疲れない仕事は何にあたるのかというのは個人差があります。ですから、万人にあてはまるというものを提示することはできないですが、ここでは一般的に疲れにくいといわれている仕事を10個紹介します。体力的にも楽でかつ精神的にも負担が少ない仕事ということになります。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事は商業ビルなどで空調などの点検やメンテナンスを行う仕事です。最初は点検やメンテナンスの方法や書類の記入方法などいろいろ勉強する必要はありますが、一度仕事内容を把握してしまうと後は一気に楽になります。

というのは毎回、同じことの繰り返しをするだけだからです。大荷物を持つような場面もほぼ皆無なので体力的にも楽な仕事と言えるでしょう。自由時間も多いので、資格試験の勉強をしたり、あるいは読書やスマホいじりをして過ごしている人も少なくないようです。

清掃の仕事

清掃の仕事は商業施設や学校などを掃除する仕事です。基本的には真面目にコツコツと掃除をするだけですから、よほどサボったりしない限りややこしい人間関係とも無縁です。 また体力的にも楽な仕事であり、70代や80代の高齢者でも十分つとまる仕事です。ただトイレ掃除があるのでそこあたりが嫌だという人はあまり向いていないかもしれません。

会社の事務

一般事務の仕事は、10代から40代ぐらいの女性に大人気の仕事です。会社内において書類を作成したりデータ入力をしたりあるいは簡単な電話応対をしたりするという仕事です。

ワード、エクセル、パワーポイントなど基礎的なパソコンソフトを使える必要はありますが、 体力的にも精神的にも疲れにくい仕事だと言えるでしょう。精神面においては社内での人間関係などはある程度あるかもしれませんが、営業職のようにノルマがあるわけでもなく決められたことをやるだけなので意見がぶつかり合うような場面も少ないです。

マンション管理人

マンション管理人の仕事は中高年に人気の疲れにくい仕事です。通勤タイプの管理人もありますが、夫婦で住み込みをして行うケースもあります。マンション管理人の仕事は荷物を預かったり鍵を開けたり、 マンションによっては簡単な掃除をや草むしりを課せられるケースもあります。とはいえ、重たい荷物を持ち運ぶような場面もほぼなく、何より自由時間が圧倒的に長いので趣味とも両立しやすい疲れない仕事だといえるでしょう。

長距離トラックドライバー

長距離トラックドライバーの仕事をするには、まず大型車を運転できることと運転が好きであるということが最低条件となります。もちろん人によりますが、疲れにくい仕事だという声が少なくありません。それは何より精神的に楽であるということが大きな理由として挙げられます。

荷物を受け取るときなどはある程度のコミュニケーションをとらなければなりませんが、勤務時間の多くは単に一人で運転をしているだけ。ラジオをかけながらでも鼻歌を歌いながらでもOK。ひとりで運転をするのが好きな人にとって、精神的に疲れにくいと言えるでしょう。

在宅ライター

在宅ライターの仕事は 自宅にいて原稿を執筆する仕事です。ある程度の文章力や取材力は必要となりますが、自宅や喫茶店など好きなところで作業できる自由度の高い仕事。人間関係からもほぼ無縁で、体力も必要ありません。企業や出版社から直接仕事を得たり、あるいはクラウドソーシングを活用したりして仕事を受注しているライターが多いようです。

公共施設の職員

図書館や美術館など公共施設の職員の仕事は一般的には疲れない仕事だと言われています。正職員として就職するためには図書館司書や学芸など資格を取得 しなければならないケースが多いですが、体力的にも精神的にも楽な仕事。それにもかかわらず、福利厚生など条件面は抜群です。仕事については椅子に座っての仕事が多いので体力がなくても安心してつとまるでしょう。

個別指導の塾講師

生徒と1:1(あるいは1:数人)で勉強を教える仕事です。塾講師というとハードで高学歴限定の仕事のように思われがちですが、個別指導の場合決してそうではありません。教えられる科目も1科目からでOKです。基本的には生徒からの質問に回答したり問題を解くアドバイスをするだけです。

施設警備員

施設警備員は商業施設など指定された エリアを巡回しながらその施設の安全を点検する仕事です。同じ警備員でも道路工事現場の警備員は、寒さや暑さに耐えなければなりませんし人間関係もあって苦労している人が多いようです。その一方で施設警備員は 冷暖房が効いた施設の中を点検して回ったりモニターを監視したりするのが主な仕事であるので、楽だという声が多いです。

大学職員・市役所などの公務員

大学職員や市役所などや役所勤務のの公務員などは決められた仕事を淡々とするのが基本的な仕事。部署によりけりですが体力を使うような場面もほぼありませんし、休暇もしっかりとれて給料も安定しています。公務員の場合は公務員試験に合格する必要があります。

まとめ

仕事を通して大きな疲れを感じるならば、 まずは疲れる原因が何かを突き止めることが必要です。 その上で 疲れにくい仕事を探すとよいでしょう。疲れにくい仕事としては、会社の事務員や公共施設の職員はじめいろいろあります。今回紹介したのはそのごく一部です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク