社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

治験バイトができる人の条件と参加してみた感想(楽なアルバイトの体験談 30代男性フリーター)

 治験バイトができる人の条件と参加してみた感想(楽なアルバイトの体験談 30代男性フリーター)私は今30代のフリーターです。 専門学校出て 5年ほどは 印刷会社で働いていました。 しかし元々根暗だったということもあって会社に馴染むことができませんでした。 上司とそりが合わずいつしか会社に行くのが億劫になってしまいそして辞表を出しました。 それからは短期のアルバイトを中心に アルバイトや派遣の会社をこなしながらなんとか生計を立てています。

アルバイトの中でこれはしんどいなと思った仕事もありましたけれどもこんな楽なのにこれだけもらえていいのと思えるような楽な仕事もありました。 そのナンバーワンは何と言っても治験バイトですね。 治験バイトは治験モニターと称されることもあるのですが入ってみたら人間モルモットになるというアルバイトです。

スポンサーリンク


世間には 研究の結果薬ができたけれどもそれが市販されるまでには厚生労働省による認可を受けなければなりません。 その認可を受けるためには最終段階でして人間に投与してその安全性や効果を確かめてデータを取るということが必要になってくるわけです。 そのために被験者として協力するのが治験バイトの役割です。

言ってみれば人間モルモットということなので非常に怖いイメージがあるかと思いますが全くそうではありません。 私自身はじめはそういう風に思っていて非常に警戒して言ったものです。 なんとなくイメージとしては山奥のクリニックに連れて行かれて秘密組織のような暗い一室に長期間監禁されてみたいなイメージがありました。

でもそういったことは全くありませんでした。 ごくごく普通のクリニックに入院をしてそしてやることといえば朝の検査と一日数回の採血がある程度で後は自由に過ごしていいという全くと言っていいほど楽な仕事内容でした。

私はある新薬の治験に参加したことがあるのですが初め申し込む時はネットで実験を行っている会社に登録をすることから始めました。 たまたま短期バイトに 参加した時にその時の友人が治験バイトって楽だよねみたいな話をしていたことで興味を持っ 調べてみたところ行ってみようと思ったのです。 その行ってみたいと思った理由は非常にその日給が高額だったからです。 治験の場合日給というよりも協力費という名目で その報酬が払われるわけなのですが一週間入院するだけで12万という案件が目に飛び込んできました。

12万も稼ごうと思えば ほぼ1ヶ月かなりしんどい仕事をして稼がなければならない金額です。 それが一週間だけで稼げてしまうというのは非常にお得だなと思って少々怖いイメージを目をつぶって申し込みました。

登録をして申し込むと 翌日治験の会社から電話がかかってきました。 そこでは登録した内容について一通り電話でオペレーターの方が確認ということで確認していただきそして今の状況などを聞いて 予備検査というのに参加して欲しいと言われました。

予備検査というのはその実験にふさわしいかどうかについて身体測定をするというものです。 ちなみにその時も交通費込みで3000円ですけれども協力費が支払われました。 そこでは体重測定や身長の測定血圧の測定のほか血液検査や尿検査もありました。 そして通過者のみが後日本試験に進むことができるということでした。 後からわかったことですけれどもその予備試験ってかなりの 人が振り落とされるということみたいです。

基本的には血液検査などに異常が無くて健康そのものの人が通過しやすいようです。 後はアンケートを答えるという時間もあったのですがその時周囲の人と協調できるような人かということも判断されているみたいですね。 というのは治験の本検査の場合集団行動をとらなければならないため そういった集団行動ができない人はいくら条件に合うが振り落とされるということになるのです。

さて治験の本試験に進むことができた私ですが 実際に現地に着くまではかなりドキドキしていました。 一体どこに連れて行かれるのだろう本当に安全性は確保されているのだろうかということが不安で不安で仕方なかったからです。 ただこの治験というのは特に日本においては相当安全性が確保されているものと考えて良いようです。

その新薬は 製薬会社や研究機関が相当な時間とお金を使って開発したものであり動物実験から始まり生田の試験を通過して安全性や効果が確かめられてきたものです。 もしそこで仮に事故などが起きてしまえば相当な損害賠償がかかるだけではなくその製薬会社研究機関の研究の存続に関わる問題にもなってくるわけです。

そんなこともあって厚生労働省の指導のもと治験というのは かなり万全の体制が組まれているものなのです。 もちろんベテランの医師や看護師が クリニックには常駐していてもし何かあった時にすぐに処置できるように体制が組まれています。

さて事件でやることといえば 1日目は 正規に採用された人に加えて補欠の人が来ていました。 どうして補欠の人が来ているのかと言うと正規で採用された人が 当日体調が悪くなっていたりもしくは条件を守らずに治験に参加していることが発覚した場合すぐに交代する要因として呼ばれているわけです。 例えば事件の数日前からは お酒やタバコをなどを控えるということが決められているわけです。 もしそういったことを無視して前日の晩にお酒を飲んだりしていた場合初日の検査で引っかかるわけですね。

もしそうなってしまった場合正規採用の人は一週間まるまる予定を空けていても1日目を持って帰らされるということになってしまうので非常にロスが大きいと思います。 私はしっかりと条件についても守っていたので治験参加者として2日目以降も クリニックでお世話になることになりました。 まず最初はその 研究されているという新薬を投与されました。 投与すると言っても単なる飲み薬で全く感じとして違和感はなかったです。

スポンサーリンク


後は看護師夜勤スタッフの指示のもと 規則正しい生活を送るというのが治験の仕事内容でした。 その指示については 難しいことは何もなく本当に当たり前のことを守ればいいだけの話でした。 例えば試験期間中は クリニックの外に無断で外出しないことですとか、 指定された食事以外の 物は口にしないと言ったことです。

もしそのようにどうして規則正しい生活を皆同じ条件で送ることを指示されるのかと言うと同じ条件下で新薬の効果や安全性を確かめることにその治験の意味があるからです。 食事についてはかなり美味しいものが出てきました。 毎回お弁当だったのですがその素材が豪華で こんな美味しいものを毎回食べていいのかなと思うほどでした。

肉や魚野菜ご飯などバランスよく栄養を取ることができてとても美味しかったです。 ただチキンを何回も経験している人が話していたことですがこの食事のレベルについてはそのクリニックによってかなりばらつきがあるそうです。 美味しくないところは本当に美味しくなくて量も少なかったりするそうです。 ですから私が受けた治験はかなり条件が良かったのかもしれません。 ちなみに食事については食事の時間についても指定されてその時間内でゆっくり噛んで完食するというのが求められました。

そこあたりも同じ条件で その新薬の効果や安全性を確かめるという理由があるのだと話していました。 まあ難しいことは何もありません。 少なくとも治験が初めての人であってもすべて看護師や治験スタッフが指示を一つ一つしてくれるのでそれさえ聞き逃さなければ全く問題ありませんでした。

そして 1日のほぼすべての時間を自由に過ごしていいというのが試験の素晴らしいところでした。 人によっては本を読んだり資格試験の勉強したりあるいはパソコンをいじったり。 とにかく人それぞれ好きなことを自由にして過ごしていました。 マンガ本や雑誌をたくさん置いているコーナーもあったので私はひたすら漫画を読んで過ごしていました。 そのように好きなことを何も考えず自由にできる時間を持てたことは今考えても 神様がくれたプレゼントとしか言いようがありません。

しかも あいながらできるというのですから なんとも贅沢な話です。 ちなみに治験の報酬にあたる協力費は このような入院タイプの場合相場として1日15000円ぐらい、 通院するタイプで1日1万円ぐらいだそうです。 通院タイプの場合は毎回変える時にクリニックの受付にて支払われることが多いですが入院タイプの場合は 後日まとめて振り込みという形が多いです。 と言っても治験中はずっと入院しているわけですから特にお金を使う場面も全くありませんし 何の問題もありませんでした。

1日ゴロゴロ漫画を読んでるだけで 1万5000円も稼げるようなアルバイトというのは他に何かあるでしょうか? ちなみに1日15000円稼いだアルバイトでは引っ越しバイトがありましたがその時は先輩スタッフから怒鳴られたりけりを入れられたりしながら泣きながら一日を過ごしていたことを思い出します。 そんなきつい思いをしないと15000円というお金は稼げないものだと私は認識していただけに治験バイトの緩さにびっくりしてしまいました。

ですから治験バイトをやってる時はこの事件が終わったらまたすぐに新たな治験を申し込もうと考えていました。 これであちこちクリニックを転々としながら楽に稼げば人生楽勝だなと思ったほどです。 でもあとからわかったのですが この治験バイトというのはしょっちゅう申し込むことはできないようになっているのです。

休薬期間というのがあって 試験にもよりますがだいたいこのような入院タイプの 治験の場合4ヶ月間ぐらいの休薬期間というのがないと 申し込むことができないようになっているのです。 例えば5月10日に地検に終わったとすれば、 次に違う治験に参加できるのは 9月10日以降いうことになってしまうので つまり単純計算をして、 多くても年に4回ぐらいしか治験バイトはできないということになってしまうのです。 しかも 予備検査で必ず通過するとも限りませんから 治験でたくさん稼ぐというのは物理的になかなかできないことではないかという計算になりました。 人生そうそう甘くないものです。

ちなみにこの休薬期間というのは その治験の期間が短くあろうがなかろうがあまり関係ないようです。 例えば2週間以上の長期間の治験バイトを やった後にも4か月の休薬期間を空けなければなりませんし、 一方で一日のみの通院タイプの治験に参加した後にも4か月かの休薬期間を空けなければ参加できません。

ですから治験バイトでたくさん稼ごうと思う人は、 短い 期間で終わってしまう治験には参加せずに 一週間以上の長期タイプの治験に参加するのがいいのではないかと思います。 ちなみにジェネリック治験と言ってそれに市販されているタイプの 薬の成分の割合を少し変えた新薬の場合、 安全性は限りなく100%に 近いものが確保されている一方で 協力費は少し安めです。 一方で今まで世に出なかった 新薬の場合その安全性が どうなのか何とも言えないような治験は協力費も高めということです。 そこあたりは厚生労働省の指導のもと万全の体制が組まれているので日本の場合よほどのことがない限り 安全性は大丈夫と思いますが気になる人はジェネリック治験というカテゴリーのものに参加すると安心できるのではないかと思います。

おすすめとしては 医学ボランティア会ですとか V ネットと言った 大手の治験斡旋会社に登録をしておくことです。 登録をしておけば 新しい治験の募集が始まったとき、メールで案内してくれます。 参加しやすい条件の治験の場合あっという間に枠が埋まってしまってキャンセル待ちになってしまうので できるだけ早く申し込みをすることがいいと思います。

なお治験バイトにも向き不向きがあると思います。 私の場合これだけ楽にゴロゴロして10万以上のお金を稼ぐことができたのは 感謝しかありませんけれどもそれでも人によっては最悪だと思うかもしれません。 向いてない人に共通していることとして 注射が苦手な人です。 治験バイトの場合ほぼ100%の確率で採血があると考えてよいでしょう。 特に入院タイプの事件の場合 間違いなく毎日採血があります。 しかも一日数度あることがほとんどでした。 ですから治験が終わった後 腕には注射針の跡がたくさんできていたことを思い出します。

採血が苦手な人にとってあれはかなり苦痛ではないかと思います。 特に駐車に苦手意識がなかった私ですらもちょっと勘弁して欲しいなと思うような頻度で採血がありました。 1日の中できついなと思ったのは採血の時ぐらいでしたけれどももし苦手な人は治験バイトにはあまり向いていないと思います。

なお治験バイトはある年齢を超えると参加したくても参加できる案件が少なくなってしまうという悲しい事実もあったりもします。 その年齢は40歳です。 40歳を超えると人間の体はどんどん老化が進んでいくためなのだと思いますけれども治験に参加できる年齢の制限というのはだいたいが20歳から39歳という範囲です。

それまでの期間の年齢でしたら参加できる案件はかなり多いのですけれども40歳以上の人が参加できる案件はガクンと減少します。 20歳から39歳という年齢制限のある事件がだいたい7割ぐらいではないかと思います。 その次に多いのが20歳から45歳といった感じの年齢制限のもので2割ぐらいでしょうか。 それ以外は20歳から65歳ぐらいと幅が広いものですとかあるいは 65歳から70歳といった高齢者向けのものもあったりもします。

まあ行ってみたら20歳から39歳の間に治験に参加したい人は参加しておくとよいということです。 私は来年40歳になってしまうので 来年以降は 参加できる案件がガクンと減ることになります。 今年のうちに参加できる良い条件の長期期間のタイプがあればいいなと思ったりもします。

あと地域に関しては東京都近郊となぜか九州が多いです。 たまにいいですけど それ以外はたまに大阪や名古屋で募集があるという程度です。 どうして地域についても重要なのかと言うと 基本的にクリニックに近い人が優先的に本試験に進むことが出来る確率が高いからです。 私の経験上雄例えば東京都で行われる治験に地方から参加した場合なかなか採用されないことがほとんどですね。

その理由について危険斡旋会社に聞いてみたことがあったのですがその回答を聞いて納得しました。 その理由は 長い移動時間を要する人の場合その間に健康状態に変化があるかもしれないという事情があるそうです。 例えば前日に高速バスで 関西から関東に移動した場合 バスの車内でゆっくりと睡眠を取れるということも なかなかできないわけですし揺れる車内において体調を崩してしまう可能性も出てくるということが考えられるというわけなのです。 だから東京都内での治験の場合まずは東京23区の人が優先されてその次に埼玉県や神奈川県千葉県といった近郊県の人が優先されていくということになるのです。

そんなことを考えた時。 住んでる地域も重要なんだということが言えるのではないでしょうか。 ちなみに治験斡旋会社によっては応募の時点でそれについて絞り込みを行っているところもあります。 例えば福岡県で行われる危険の場合参加できる人の在住エリアが福岡県、大分県、佐賀県、山口県以上みたいな感じになっている場合もあったりします。

いずれにしても治験バイトは、空き時間、居住地域、年齢、健康状態など条件が合う人ができるレアなアルバイトだということが言えるかと思います。 ただ一度参加してみるとほとんどの人が リピーターになると聞いたことがあります。 それだけ楽で割の良いアルバイトということは間違いなく言えるのではないかと思います。

  (楽なアルバイトの体験談 30代男性フリーター)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク