社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

高校生のときにやった回転寿司店でのバイトを始めて思ったこと(10代男性 高校生)

 高校生のときにやった回転寿司店でのバイトを始めて思ったこと(10代男性 高校生)
私は高校1年生の秋に初めてアルバイトを体験しました。回転寿司店でのアルバイトです。

大学生でアルバイトをしている人は多いですが、高校生は多くはありませんし、大抵はすんなり雇ってくれるものでもありません。ただ、その回転寿司店のオーナーにたまたま知り合いがいて、紹介という形で地元の店舗を紹介してくれました。
面接では週に何回くらい働けるか、勤務時間はどれくらい可能かなど聞かれました。翌日に電話で採用の連絡があって、ついにバイトデビューをしたわけです。

スポンサーリンク


高校の授業が終わってからですから2~3時間の勤務ということになりました。シフト制で、テスト期間中など休みたい時期があれば事前に申告すれば自由に休むことができました。

バイトを始めてからはとにかく毎回辛かったです。まず、仕事中はずっと立ちっぱなしで仕事をすること。当たり前と言えば当たり前ですが、学生生活のぬるま湯につかっていた私には結構きついことでした。

最初は皿洗いの仕事ばかりでしたね。お客さんが多い時間帯は手際よく作業をしなければ間に合いません。ボサッとしていたら、先輩からダメ出しを食らうので、とにかく手をはやく動かすことを意識してやっていました。お金をもらうって大変なんだなと実感しました。

1か月くらい勤務していたら、以降は少しずつ調理もさせてくれるようになりました。サラダを盛り付けたり、デザートのトッピングをしたりです。難しい作業はありませんでしたが、少しずつ任せてくれる作業が増えていき楽しくなっていきました。

接客もさせてもらえるようになってからは、少々気を使いました。特に忙しい時間帯はお客さんもイライラしがちですし、注文を正確に聞いてテキパキ仕事をすることが求められました。なかには手厳しいおきゃくさんもいましたし。でもいろんな意味において、よい社会勉強になったと思います。

スポンサーリンク


数か月も働いているとバイト仲間とも意気投合して、一緒に働くのが楽しくなっていました。

余談ながら、このアルバイトを通して、念願の初彼女もできました。近くの高校に通っているひとつ上の学年の彼女です。他にも何組かカップルがいましたね。

回転寿司店には高校生や大学生など年齢が近いスタッフが多いので、自ずと恋愛に発展しやすいのもアルバイトをするメリットといえるかもしれません。

回転寿司店のアルバイトは、皿洗い、調理、接客とひととおり経験できますし、一度仕事を覚えたらあとは同じことの繰り返しで楽なアルバイトだと思います。

暇なバイトではなく、テキパキ動かなければいけませんが、高校生はおススメのアルバイトだと思いますよ。

     (10代男性 高校生)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク