工場での部品検品 作業は楽なバイトでした30代男性フリーター

スポンサーリンク

いろいろなアルバイトあるんです そん中で楽な仕事だなと思ったのは 部品の検品作業です 工場での仕事でした 自動車の部品 の一部を 検品する作業です こちらは 交代で勤務していたのですが非常に楽でした やることはとても簡単です ケースに入って部品がまとまって流れてくるので その個数をチェックして 何か欠陥がないかどうかを チェックするというものです それを延々と繰り返していくのです ごくたまに個数は違っているということはありましたら そういう時は ボタンを押しますすると 工場の 正規の従業員の人が来てくれて対応してくれるます こういったことは非常に稀でしたが とても重要な仕事であるそうです こういった作業を私は3ヶ月間 やっていましたが ほとんどその場にいればいいというだけの簡単なものでした むしろきついなと思ったのはあまりにも仕事が楽すぎて 眠さがしんどかったということです まぶたがどうしても痛くなってくるので 寝ないように我慢するというのが何より 辛いなと思いました これは人にもよりますが どちらかと言うと一人で考え事をしたり するのが好きな人がこの仕事に向いてるならないかと思います 私の場合どちらかというと向いていたと思います 気になる人との人間関係ですが はっきり言ってコミュニケーション能力は全くと言っていいほどいつありません 最初のうちは仕事のやり方などを教えてもらう時にコミュニケーションを色々取っていました歌詞人だけ仕事を覚えてしまうと もう後は何も教わることもありませんし 特に話すこともありませんでした ごくたまに血管が見つかるとボタン押すただそれだけのことです と言ってもそう言った イレギュラーなことというのはソースを着るものではありません なぜなら そういった部品は機械が製造しているからです これからの時代は AI が発達してくるのでますますそういったイレギュラーが起きるという機会は少なくなっていくに違いありません となるともうほとんどずっと 見ているだけという簡単な仕事になってくることでしょう それ以前にこの仕事がそういった時代に存在するかは不明ですが 同じ工場の仕事でも重たいものを たくさん持つようなものから色々な人とコミュニケーションを図る必要があるような仕事もありますよーはどのような職種を選ぶかによって 楽な仕事か否か体は大きく違ってくると思います しんどい仕事をしたら給料がたくさんもらえるとも限りませんし楽な仕事だからといって給料が安いとも限りません 5あたりは ある程度 運が左右されるかもしれません以上工場での部品検品荒くというお話でした 30代男性フリーター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク