社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

治験モニターバイトは ゴロゴロしてるだけで高額 訪中30代男性フリーター

正確には治験ボランティアという名称なのでアルバイトに含まれるかどうかはわかりませんが 今までやってきたアルバイトの中で一番楽だったのは 治験バイトです 治験バイトの時は とにかく毎日ごろごろ過ごせたことを思い出します朝起きてご飯を食べて あとはベッドでゴロゴロ好きなことをしながら過ごすそして 昼ご飯食べてまたゴロゴロ好きなことをする 夜ご飯を食べシャワーを浴びて寝るその繰り返し 行なっていました その合間に 体重血圧 などの検査や採血 など がありました

治験バイトとは簡単に言えば人間モルモットになるということです 新しくように出ようとしてる 新薬 はいろいろな臨床試験を 突破してきて最終的に 人間での効果について検証する必要があります その被験者となるのが治験バイトの役割です

それだけ聞くと それは危険性が伴うやばいバイトじゃないのかと思う人が多いと思います 私も最初そうだったのですが実際に参加してみてその不安は払拭されました 厚生労働省の元 徹底的に安全性が 覚悟されていますし 何と言いますか 単に入院しているのと何変わらない生活を送ることができたからです しかも3食付いていて とても 助かるアルバイトでした そしてその報酬と言いますか 協力費が高額なのです その検査や内容にもよりますが 通院タイプで1日1万円ぐらい 入院タイプで1日15000円ぐらいが支給されるのです そんな高額な アルバイト料を稼ごうと思えば 普通は1日中くたくたになるぐらい働かないといけないでしょうそれがベッドでゴロゴロ 転がってスマホを見るなり本を読むなり できるのですから何とも楽なアルバイトとはまさにこのことだと思いました ただ毎回のように参加できるということはありません まずは事前検査というものがあってかなりの割合でその場で振り落とされます その試験の条件に合っているかどうかというのが非常に重要でとにかく健康でなければなかなか本試験に進むことはできないでしょう また 入院タイプの事件の場合ほとんどがそうなのですが休薬期間というのが求め定められています 大体は4ヶ月間というのが休薬期間で一度 治験バイトに参加したらその次参加できるのは4ヶ月後ということになります ですからその時高額の協力費をもらったとしても1年トータルで考えた時はそんなにたくさん稼ぐことはできないということになります しかし 一度味をしめてしまえばなかなかその美味しい待遇に私は 2回目3回目とエントリーしました 治験バイトに参加するには 治験のやっている 試験又は治験をコーディネートしている会社に登録しておいて 行ってみたい治験にエントリーすることからです

知見をコーディネートしている会社には色々な所があるので インターネットで 治験モニターあるいは治験バイトなどのキーワードで調べてみるといいと思います まずはインターネットで登録をしてみると E メールなどで色々な案件が送られてきますそれにエントリーしたら 電話がかかってくるのでそこでヒアリングを受けて 条件をクリアしたら事前検査を受けるということになります 治験モニターバイトは私にとってはかなりおいしいアルバイトでした ただ好き好みもありますしリスクも完全にゼロということはないので そこあたりは自己責任ということになるかと思います また 採血はほとんど毎日あると言っていいと思います駐車が苦手という人はかなり ハードルが高くなるので採血が問題ないという人がいいのではないでしょうか 30代男性フリーター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク