社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

交通量調査バイトは仕事が簡単で高日給の美味しいバイト20代男性大学生

私は今大学に通う 21歳の男性です あまり裕福でないということから大学の1年生から 色々なアルバイトを経験してきましたサークル活動もしていることから 短期でできるようなアルバイトを中心に行ってきました そんな中でこのバイトは楽でしょと思ったアルバイトがいくつかありますそれを今日は一つ紹介したいと思います皆さんは交通量調査というのをご存知でしょうか道路にの近くで椅子に座ってカチカチ何かを数えている人々を見かけたことがありませんかその人々は多分交通量調査のアルバイトでしょう あの交通量調査のアルバイトなのですが実は結構時給と言いますか日給がいいんです 私は交通量調査バイトを今まで5回ほど行ったことがあります そのうちの5回とも非常に仕事が簡単で楽でしたねやることは非常に単純です 車の台数を数えて記録するただそれだけです どのような車の数え方なのかと言うと主にゴール分類で数えることが多いです乗用車小型貨物車大型貨物車 バス2輪車といった具合です時には大型貨物車を ダンプカーと トレーラーに分けることもありますし2輪車についても一般的なバイクとスクーターを分けることもあります いずれにしてもあまり難しいことはありません カチカチと押したら 数字が増えていくカウンターを使って 指定された方向に走っていく車を数えていくわけですどのような方向についてカウントすればいいかについては 調査を始める時に現場監督の人がそれぞれの調査員に対して指導してくれますこちらは紙に地図が書いてあり矢印が記入されていますそれの矢印に記入されている部分を数えるということなのです例えばあるときは交差点の脇に椅子置いて 国道を直進してきて左に曲がる車と直進していく車の2種類を数えるという感じでした 私は最初 交通量調査バイトに入った時は3方向を数えるという感じになりましたそれはたまたま一人が欠席したため数える方向が多くなったわけですがそれでも余裕で出来ました あまりにも簡単すぎてえこれだけですかと現場監督の人に聞いた程です それを1時間続けて1時間ごとに用紙に記録していくのです 交通量調査バイトは12時間調査と24時間調査の2種類がだいたいありますたまに14時間調査ですとか13時間調査といった不規則なものもありますが大体はこの12時間調査24時間調査の2種類だと思っておいた方がいいでしょ それぞれ3人でローテーション組んでに来ての調査地点を担当するという漢字が多いです つまり2時間調査をして1時間休憩を取るという感じで作業が流れていくのですそれぞれの2時間は椅子に座ったままひたすら車の数を数えていなければなりませんがそれを乗り越えたら1時間休憩になるのでそう疲れるといった印象はないかと思います また椅子に座ってというのが意外と助かるものです 例えば施設の警備員の人々の場合一日中たちっぱなしで足が棒になるといいますそういったことがこの交通量調査バイトにはあまりないのです 逆に座りすぎてお尻が痛くなるということはあるかもしれませんが 交通量調査の日程ですが私が行った時で大体8000円から1万円といった金額でした 交通費込みなので遠くから来てる人にとっては 稼ぎが少々減るかもしれませんが時給換算すると大体 900円から1100円ぐらいという関西になるのではないでしょうか そこあたりの金額は調査会社によっても違いますし季節ですとか どれだけ遠隔地でやるかなどしてんのによっても変わってきます より良い条件の 調査は安く ものすごく遠い場所で人が集まらないような 調査の場合日当が高く出るような傾向があるかと思います どちらにしても端に座って車の数を数えるだけでこれだけの日当がもらえる仕事というのはなかなかないのではないでしょうか 少なくともファミレスやコンビニのように立ちっぱなしでいろいろ気を使いながらあくせく働くよりも随分割が良いと私は感じました そんな感じの楽なアルバイトの象徴ともいえる交通量調査バイトですが一つ注意点がありますそれは冬場と夏場は地獄と化すということです想像つくかと思いますが 仕事場がなんせ路上なわけですから気候の変動や気象の状況をもろに受けるわけです 私は一度真冬に行ったことがあるのですがまさに地獄そのものでした 雪が降りしきる道路が氷で凍結した極寒の中椅子に座って1日8時間座っているというのはかなり厳しいものがありましたどれだけ熱く着込んでも底冷えしてくることからは免れませんでした ですからおすすめは 秋口のような気候が穏やかな時期おすすめしたいと思います ちなみに交通量調査バイトが一番多いのは秋で その次は 夏春冬と続いてきます 秋は調査案件がたくさんあるにも関わらず調査員バイトに応募してくる人には限りがありますから日給が競争の原理で高めに出るというのもまたおいしいところです 特に準備もなく 筆記用具と防寒具雨具ぐらいで参加できる気楽なアルバイトなのでまた暇があればやってみたいかなと思います 20代男性大学生

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク