社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

自転車の駐禁調査は 効率の良い作業すれば超楽なバイト!30代男性

  自転車の駐禁調査は 効率の良い作業すれば超楽なバイト!30代男性以前自転車の駐禁調査と言う 単発のアルバイトをしたことがありました こちらは非常に楽だったことを今でも思い出します

スポンサーリンク


自転車の駐禁調査は どのような仕事内容かと言うと 路上にどれだけの数の自転車が放置されているかを時間ごとに調べるというものです 具体的には 決められたエリアをぐるぐると回って 路上に放置してある自転車を紙に記録していきます それを1時間ごとに一回行うのです

その時は調査会社が 10人ぐらいのメンバーを集めていてそれぞれ担当の持ち場を 朝の時点で決めていました じゃあ君はここの 道からここの道までの 担当でという風な形です

地図のコピーを12を渡されて 1時間ごとに その地図のコピーに放置している自転車があれば鉛筆で 丸をうっていくそういった作業でした

最初のうちは慣れないものですから 結構時間がかかってしまいました

しかし2周3周と同じような作業をしているうちにすっかりと慣れてどんどん時間が短縮できるようになりました

というより路上に放置してある自転車は 1日中その場所にある自転車がほとんどなのです ごく一部だけ移動するという感じなので その変わった部分だけを 注視してみておいて後はその前の時間帯の 地図のコピーを丸ごと写せばいいという感じでした

このバイトが楽な点は 1時間に一回だけ調べればいいというのがミソです 決められたルートを回って 一通りの作業が終われば残りの時間は休憩時間ということになります

5周目ぐらいした時にすっかり慣れてしまい 大体一周するのに20分ぐらいで出来るようになりました

つまり次のページが来るまでの40分間は休憩ということになります 休憩はどこでやっても自由なので 近くにあった公園のベンチで スマホをいじっていました

スポンサーリンク


あと この自転車駐禁調査でいいところは それぞれの持ち場を一人で回れるという点です

たくさんの人とワイワイ作業したい人にとっては逆に孤独を感じるかもしれませんが 私の場合一人で過ごすのが好きなので非常に好都合でした

自分のペースで 作業をして残りの時間の休憩を自分の好きなことをして過ごすそんなことができるアルバイトというのはなかなかないのではないでしょうか

しかも割と 給料も高かったことを覚えてます 12時間の調査をやって 1万円の日給をもらいました

こちらは交通費込みなので私の場合実質的には9000円の儲けということになりますが 実働時間を考えると非常にお得だなと思いました

1時間のうちに20分ほど作業をしてそれを12回繰り返し9000もらえるわけですから 実働時間4時間ほどで9000円ということで時給2000円ぐらいという計算になります

最初のうちは 慣れないのに時間がかかるわけですが 何度もやってる人は 要領よくやってたっぷり休憩を取っていました 慣れれば慣れるほど 要領もよくなって 稼ぎの効率も良くなるのではないかと感じました

ただ難点はあまり募集がないということです 私自身 こういった調査はたくさん行ってきましたがその中でもたった3回しか行ったことがありません

それだけレアですがありつけたら非常においしい楽なアルバイトじゃないかと私は思いました

(楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク