社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

人間関係が苦手な人は クラウドソーシングのアルバイトもおすすめ 20代男性大学生

 人間関係が苦手な人は クラウドソーシングのアルバイトもおすすめ 20代男性大学生いよいよ冬休みが始まります 何かアルバイトをしなければと思いながらも踏み出せない大学生の方もいらっしゃるかもしれません

私もその一人でアルバイトを探す時に何かと不安に思うことがありますそれは人間関係です

スポンサーリンク


会社組織の中に入ると 色々な部署があってその中には様々な人間関係があります

優しい人ばかりならいいのですが中には新人をいじめたり高圧的な人だったりという人もいます

大学生時代にいろいろなアルバイトを経験しましたが とても嫌な先輩と会ってそのことが原因で辞めてしまったということもありました

ですから人とあまり関わらずにできるような簡単なアルバイトは何かないかと思うようになりました

私がそんな中でやっているアルバイトの一つとしてクラウドソーシングというのがあります

クラウドソーシングとは最近になって広まってきた言葉であまり馴染みがないかもしれませんただ大学生や主婦などを中心に 浸透してきているのです  

クラウドソーシングは いわゆるフリーの立場で アルバイトをするというものです 例えば Web ライターの案件ですとか データ入力の案件 あるいはネーミングを考えたり 文字起こしをしたりといった色々な案件があります

そういった案件をコツコツこなしていく中で お金が貯まっていくというのがクラウドソーシングのシステムです

スポンサーリンク


本格的なスキルを要するものもありますがタスク形式と言って中には誰でも簡単にできるようなものもあります 典型的なのが アンケートに答えるというものです

アンケートフォームに回答していきそれで仕事は完了していくというものです

パソコンをある程度 触ることができるのなら誰でも簡単にできてしまう案件です クラウドソーシングには 色々ありますが代表的なものとしてはランサーズとクラウドワークスという会社があります

無料で登録をして すぐにでも仕事を開始することができます 登録してからも特にお金がかかるわけではありませんが 納品した仕事の代金の中から手数料として引かれるという感じで ランサーズとクラウドワークスも儲けているわけです

自宅にいても喫茶店にいても 自由に仕事は出来るそれがランサーズやクラウドワークスと言ったクラウドソーシングの仕事の魅力です

自由に出来るわけですから満員電車に揉まれることもありませんし 人間関係を気にする必要はありません 時には依頼主とメールのやり取りをすることはありますが 基本的に顔を合わすこともありませんし ましてや叱られるということもありません

指示に従ってきちんと仕事をこなせば 承認ということで 依頼主から承認ボタンを押されて 仕事の代金が支払われます

一方で全く違うことをしたり納期を遅れる仕事は不十分であるときは承認されず代金が支払われないというケースもあります

私の経験上最低限のことをしていたらよほどのことがない限り 承認されました

あまり難しくない案件に限った話ではありますが

ですからランサーズクラウドワークス行った クラウドソーシングの仕事は 人間関係が得意でない人や ネット環境はあるけれど近くに雇ってくれそうな店は会社がない人にとっては 有効に使える媒体ではないかと思います

難点は単価が安いということです

例えば 1500文字と書く案件でどこかのプロのライターがやるような 本格的な仕事なら 6000円以上もらえると聞いたことがあります

しかしクラウドソーシングの仕事の場合 誰でもできるわけで 文章力のない主婦や学生でも 自由にエントリーすることができます そのような中ですから単価は非常に低いのです

1500文字で書いたとしても 300円ぐらいしかもらえない場合もあります

もちろん依頼主も高いスキルを 要求してるわけではないですから誰でも簡単に仕事をすることができるわけです

しかし例えば1500文字を書こうと思えばそうすぐにできるものでもありません

人によっては一時間半からそれ以上かかってしまうことでしょう そうなると一時間半かけて300円を稼いだとしても時給は100円ということになってしまいます

それではどれだけ案件をこなしたとしても1日稼ぐことができる金額は1000円ぐらいとなってしまうわけです

たったこれだけかくらいしかもらえないのがクラウドソーシングの難点ではないでしょうか しかしある程度のコツはあります 単価の高い案件に絞ってエントリーする仕事を選ぶということです

アンケートに回答するようなものは 非常に単価が安いのでカットします 一方で少々マイナーなこと聞いてるような案件では意外と単価が高いので これはちょっと無理かなと思ったようなものでもエントリーして挑戦してみることです

後は中には HTML を使ったり Photoshop といったソフトを使ってやるような案件は専門性が高いので単価が高い傾向があります

そのように自分なりにどのような案件が単価が高いかを色々研究しながら 案件を積み重ねていくことで意外と稼ぎに繋がりやすいです

スポンサーリンク


と言っても 総合的に見ると 外でパートやアルバイトとして働きに行く金額に比べると安くなってしまうというのが現状だと思います

私の場合 外でアルバイトをして家に帰ってきてからランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングの媒体を開いてちょこちょこ小遣い稼ぎをしていました

1回あたりの単価を安くても塵も積もれば山となるというのが クラウドソーシングの魅力ではないかと思います

結構バカにならない金額になるものなのです

人間関係が得意でない人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか以上アウトソーシングの魅力について書いてみました

(20代男性大学生)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク