山手線の新駅高輪ゲートウェイ駅 について思ったこと 大学生 20代男性

スポンサーリンク

私は都内の大学に通う 大学生です 先日ニュースで 山手線に新駅が登場するということが報道されていました それは山手線で30番目の駅になる 高輪ゲートウェイ駅です 最初聞いたとき マジかと思いました 私がイメージしている山手線は 鉄道が日本に走り始めた草創期に作られた歴史ある路線 それだけに シンプルで その地名を端的に表した駅名が並んでいます 東京新橋 品川 上野新宿と言ったように2文字の駅名も多いです それに毎日のようにとてつもない混雑状況が朝と夕方のラッシュではあります 長い駅名を 車内アナウンスで行われるようなイメージはとてもありません そういったことから高輪ゲートウェイ駅という新駅が山手線に誕生すると報道で見て マジかと思ったわけです ただ 駅の名前が決まる敬意を 調べてみると 悪くないんじゃないかと思えても来ました まずどのように高輪ゲート駅が 新駅名に決まったのかという経緯についてですか それは 公募による 投票で決まったのだそうです と言っても 一番票を集めたのは高輪ゲートウェイ駅という印象ではなかったそうです1位の票を獲得したのは高輪駅というものでした 高輪ゲートウェイ駅と言う 昭和130番台だったようです とてもじゃないけどもそんな低い順位を新駅名に決めるのはいかがなものかとも思われます ただ 高輪という1位に選ばれた 名称が入っていますしゲートウェイという名称には玄関という意味があってこれからの新駅付近の開発に大きく関わってくるようです というのは リニア新幹線の開通が決まっておりその新駅名 東京川の進撃はこの高輪ゲートウェイ駅付近に駅が設けられるのだそうです それを考えた時 ゲートウェイという単語を使うことで 国内外に開けたイメージが 沸くので悪くないんじゃないかと思いました 日本人はゲートウェイという単語を使うことはほとんど日常的にはありませんしかし外国人の人々は 毎日のように使っているわけです そう考えた時外国人にとっては 逆に違和感のない名称に聞こえるのかもしれません いずれにしても 山手線が進撃の誕生によって大きく発展していくことを願うばかりです 新駅が誕生することを頃には私は多分大学を卒業してどこかの会社に就職していることでしょう ひょっとしたら高輪ゲートウェイ駅を利用して 会社に出勤してるかもしれません 進撃が誕生する時 私自身はどのような社会人になっているのだろうか そんなことも考えながらこの山手線の新駅誕生のニュースを 眺めていた 次第です20代男性 大学生

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク