居酒屋バイトから 輸入企業事務職への転職体験談(20代女性)

今まで飲食関係の仕事を何個かやっていました その中で自分の合わなかったと思うのは居酒屋のアルバイトです

スポンサーリンク


その居酒屋天では店長が かなり 体育会系 人でとにかく声を出すことを重んじていました いらっしゃいませありがとうございます だけではなく 店を盛り上げるための掛け声のようなものを毎日練習させられました 店の中だけならまだいいのですが 店の外に出て2個に対して大声で練習をさせられたので とても恥ずかしかったです 居酒屋のスタッフ は 正確さとスピード そしてあとはノリの良さが求められる仕事です 私はホールスタッフと簡単な調理を担当していましたが 次から次へと来る注文に機敏に対応することが求められました 居酒屋バイトをして 半年ぐらい した時に精神的に疲れを感じるようになりました こんばんは この居酒屋に行っては いいんだろうかという気持ちが強くなり転職を決意しました

スポンサーリンク


転職活動では 食品 関係の仕事にやはり光れ そういった行商 Indeed など 求人サイトを 使って探しました そしてたどり着いたのが食品の卸会社です こちらは 輸入した食品を扱っている 会社で 規模はとても小さいものです 輸入輸入業ということもあって 簡単な英会話 が求められましたが本当に基礎的なものでした 後は基礎的なパソコンのスキルを求められましたが 人手不足だということで即採用されました今はその会社で働いているのですが 1日のほとんどは座り仕事で居酒屋の仕事をしていた時と比べてとても楽になりました 主にメールのチェックと返信 後は取引先からの電話応対 と書類作成が主な仕事内容です いわゆる事務職というやつですね 大きな声で 何か練習させられることもありませんし 1日を通して穏やかなムードで一日が終わっていきます 人によって向き不向きがあるかと思いますが私の場合今の仕事の方が断然あってると思います あと最近感を持っていることとしてこれからの時代は特に英語を学んでおくといいと思います 日本人にやって来る観光客がうなぎのぼりに増えていると言う ことはよく言われていますが日本にやってきて働く人の数も増えています 自ずと英会話をする場面がここ十数年で 増えていますこれは 輸入業に限ったことではなく 店舗での接客についてもそうです 居酒屋で働いていた時も 外国人の観光客が 来店するということは 結構な頻度でありました 2年ぐらい前なら考えられなかった光景ですが 10 in touch は 片言ながらにも英語で外国人に対応する必要性がありました 私は短大時代に 英会話学校に通っていたということもあって多少なり A 会話を嗜むことができました 少しした語彙力 の違いですが 少しでも喋れるかどうかということで店内での評価も大きく変わって きました とりわけ今の若い世代は 英語教育に力を入れているのでおそらく 英会話はできて当たり前の時代が来るのではないでしょうかそのようなことにも備えて 皆さんも英語を 日々学んでおくことをお勧めしたいと思います 転職の体験談20代女性

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク