学習塾の個別指導講師は精神的にも体力的にも楽だと思いました(大学院生のアルバイト体験談 20代男性]

私は現在、都内の大学院に通っています もうかれこれ大学に 7年近く在籍しているのですが 何かとテーマになるのがアルバイトです

スポンサーリンク


大学院はなんせ学費がかかりますから、学費や生活費をいかにして支払うのかというのが頭が痛い問題の一つです

大学時代の同級生の多くは大学四年間通って就職し それなりの給料を毎月もらって社会人生活を送っています。

一方の私は 就職をすることもなかったのでアルバイトをしながら学業を続けています

そんな大学院生である私が一番楽なアルバイトだと感じたのは学習塾の個別指導講師です

塾の先生と言うと とてもハードで難しい仕事だというイメージを持たれてる人が多いと思います

集団授業を受け持つとなると確かにそのしんどさは かなりのものだと思います。いろいろな生徒さんに対応しなくてはなりませんし。

しかし、学習塾の個別指導講師は基本的に一対一あるいは2~3人を対象に教えます

ここ十数年では そういった指導の仕方をする塾がかなり増えています

とりわけ少子化の時代ですから 集団授業ではなかなか生徒数も集まらないという学習塾も多くなっているようです

個別指導の塾講師の仕事は家庭教師の仕事ととても似ています

少人数を相手に問題を解かせ 分からないところを個別に指導していくという作業を繰り返します

個別指導を選ぶ生徒さんの事情はさまざまです。部活動が忙しくて集団授業に受けられなかったりして個別指導の生徒さん、集団授業や学校の授業にまったくついて行くことができず 基礎からやり直したいという生徒さんなど。

あるいは、進度が速い進学校に通ってるハイレベルな生徒さんも個別指導を受けています

スポンサーリンク


そんな様々な事情を抱えた生徒さんを教えるというのはなかなかやりがいのある仕事でもあると思います

なぜなら 無限に学力を伸ばせる可能性もあるからです

集団授業の場合、決められた範囲でしか教えることはできません

しかし個別指導の場合 生徒さんの弱点を克服させて志望校に向けて 自由に学力を伸ばすような指導することもできます

ですから私はとても楽しい仕事だと感じました

実際に偏差値が10以上伸びた生徒さんもいたりして 指導してよかったとそんな時は特に感じたものです

個別指導の塾講師は家庭教師と似ている仕事であります

けれども気楽な仕事ともいえます。

出勤したら タイムカードを押して指導が終わればタイムカードを押して 退勤するという感じですから

家庭教師のように親御さんと面談したりすることもなくそんな意味ではあまり気を使わずにできる仕事だと言えるかもしれません

ただ、そのようにやることが少ないぶん、 集団授業の塾講師や家庭教師よりも時給は低めです

私の場合時給 1200円をもらっていました

たくさん稼ぐことはなかなか難しいかもしれません。

ただ、教えられる科目が多くてそれなりに生徒さんから評価してもらえるような先生の場合、1日でかなりのコマ数を持たせてもらえることも。

なかには集団授業の先生が誰よりも稼いでる人もいました

個別指導の塾講師は 大学受験など受験を通して身につけたことを直接活かせる仕事なので大学生や大学院生の人々にはとても向いている仕事だと思います

それなりの学力がありさえすれば たくさん予習をしたりすることもありませんし 非常に楽に稼ぐことができるのではないでしょうか

コンビニや ファストフード店のアルバイト店員のように立ちっぱなしで仕事をするような仕事でもありませんから体力的にも 楽ですし

精神的にも楽な仕事なのでおすすめです

ただ 子供を指導することが好きかどうかは重要だと思います

例え学力があっても子供と接するのが苦手という人にとってはきつい仕事だと言えるかもしれません

お兄ちゃんお姉ちゃんのように 親身になって 生徒さんを指導することに喜びを感じるような人が塾の個別指導講師には向いているのではないかと私は考えています

(大学院生のアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク