社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

派遣会社フルキャストに登録して思ったこと(20代男性)

 派遣会社フルキャストに登録して思ったこと(20代男性)
以前フルキャスト という派遣会社に登録して短期バイト 道に取り組んでいたことがあります たまたまタウンワークで 交通量調査のアルバイトを知りそれがフルキャストを通した仕事だったので登録しました

スポンサーリンク


フルキャスト登録してからは交通量調査のほか、倉庫内でのピッキング仕分け、駐車禁止調査、チラシ配り、バス調査、引っ越し作業他色々な仕事を経験しました。そこで思ったことはフルキャストには良い面と悪い面があるということです。

まず良い面に関しては 非常に気楽に仕事を受けることができるという点です

一般的に派遣会社を通さ仕事というのは研修があって社内選考があってというふうになかなか仕事にたどり着けるまでに時間がかかることも少なくありません

その点フルキャストの場合一度 Web で登録すると 最短で次の日には仕事をスタートできる手軽さがありました。

また仕事のほとんどは単純労働なので込み入った研修などがほとんどないというのも非常にありがたいなと感じました。あと、とにかく仕事の案件が幅広いのでその中から自分に合った仕事をチョイスできるてもありがたいと感じました。

私の場合人見知りで接客が苦手なので そういった仕事を省いて自分に合う黙々としたできる仕事のみを選ぶことができました

スポンサーリンク


では逆に悪い面はと言うと、フルキャストは連絡体制に不備があると感じた点です。例えばある時は倉庫内で誰でもできる仕事だと案内を受けていながら 非常にきつい仕事だったということがありました。

そんな困った時に相談相手としてフルキャストが機能していないと感じることもごく稀にですがありました。フルキャストは数多くの登録者に対応しないといけないので、おそらく人手が足りていないんだろうなと感じました。ちょっと頼りないスタッフもいましたが、すごくしっかりしているスタッフの方もいらっしゃいました。

良い点と悪い点を感じたフルキャストですが、全体としてフルキャストからの仕事は気楽に受けれてきちんと給料の振り込まれるので 非常に助かっていました。

私は現在は都内で正社員の仕事をしていますが 転職活動中はこのフルキャストに非常にお世話になりました。転職活動で面接がある日は仕事を入れず逆に面接がないような土日を中心に固めて仕事を入ることができたことで生活のリズムも非常に良かったと感じています

(派遣会社について20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク