社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

開店前のスーパー銭湯清掃業務バイトの体験談(30歳男性)

私は30代の男性会社員です。以前 スーパー銭湯 で清掃のアルバイトをしていたことがあります。銭湯の清掃といえば大変で汚いというイメージがあるかもしれません。時間帯によっては確かにそうだと思います。ただ私がやっていたの開店準備の3時間のみバイトはそうでもありませんでした。

朝は6時半出勤でそれから3時間ということで9時半まで働いていました。時給は900円でした 最初は自宅から近いという理由だけで繁忙期の短期バイトとして入社したのですが、意外と自分に合っている仕事だとわかり長期バイトに志願。

結局2年ほど勤めることになりました。スーパー銭湯といっても十把ひとからげあので仕事内容は違ってくるかと思いますが、私が勤めていたスーパー銭湯の場合、点検に近い業務が多かったです。

私が勤めていたスーパー銭湯の場合、閉店後にも掃除スタッフが勤務していました。その掃除スタッフたちは早起きする必要はないものの、お客様が入った 利用された館内をくまなく掃除をするわけですから、とても大変そうでした。

一方、私達開店前のスタッフたちは、閉店後のスタッフたちが掃除を一通りし終った館内を改めて掃除するというのが仕事でした。どちらかと言うと点検に近かったです。掃除をできていない部分があれば掃除をするわけですが 基本的には綺麗になっているのをさらに綺麗にするといった感じなので、自宅を掃除しているのとあまり変わりありませんでした

業務はチームで行い、リーダーが当日の持ち場をそれぞれ指示してその業務を淡々と行うという感じでした。ある日は玄関や外の掃除、またある日は脱衣場や廊下の掃除、またあるときは浴衣やタオルなどの個数カウント・・みたいに。

タオルがたくさん入ったかごを持つときなど体力が必要な場面もありました。と言っても それは勤務時間の家の一部ですから特に足腰を痛めると言ったほどでもありませんでした。身体を適度に動かすので健康的なバイトだとも思いました。

働いていたスタッフは大学生~70代の高齢の方まで男女問わず幅が広かったですね。そして皆仲が良かったです。冗談を言い合いながら 和気藹々と働いていたので楽しかったです。

あと嬉しかったのは勤務日数に応じて、無料で温泉に入ることができたということ。 従業員ですからゆっくりのんびり浸かるということはできませんが、個人で行ったら結構な金額がする温泉にただでも入ることができるというのはそれだけでも大きな特典だと思いました。

以上のように私にとってスーパー銭湯での清掃のバイトはなかなか良いアルバイトでした。辞めた理由は、家族を養うためにもっとたくさん稼ぎたいと思ったからです。

たまたま転職エージェントを通して 正社員の営業職が見つかり 現在はその会社で働いています。ただ ノルマが厳しく 上司から叱られるような場面も結構あるので ひょっとしたら・・?とも思っています。それだけ スーパー銭湯での仕事は居心地が良かったです

(楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク