女性スタッフとして2年間深夜のコンビニバイトを経験して思ったこと(アルバイト体験談 30代女性)


私は深夜のコンビニバイトをフリーターの時に2年ほどやっていたことがあります。オフィッスビルの1階にある某大手コンビニチェーンです。働いていた時は友達から、「女性でも深夜のコンビニバイトってできるの?」「大丈夫?」などとよく聞かれたものです。ただ、2年間働いてみて全く問題ありませんでした。

スポンサーリンク



私は22時~6時までの深夜シフトで働いていました。女性が深夜コンビニバイトをするうえで気になるのは、防犯上の問題ではないでしょうか。その点、私の働いていたコンビニでは、男性スタッフ1~2名とペアを組んで深夜シフトに入ることで対応していました。1人勤務または女性だけのシフトということは1度もありませんでした。

深夜のコンビニバイトは、お客さんの数が少なくレジ業務ひとつとってみたら断然楽でした。ただ、ものすごくラクかというとそうでもありませんでした。というのは、雑務と言いますか、お客さんが多い日勤のスタッフができない作業を深夜スタッフがやっておかねばならないのです。

まずは「掃除」ですね。コンビニ内の床、トイレ、窓など掃除をしていました。あとは、おでんや揚げ物など調理器具の洗浄も。それらはお客さんで行列ができる朝になったらスタッフは対応できなくなるので必ず深夜スタッフがやるようになっていました。あと品出しと、廃棄処分にする商品まとめ作業ですね。コンビニにはとにかく商品の数が多いので意外と大変で面倒な作業でした。

スポンサーリンク



力持ちである必要はありませんが、深夜のコンビニスタッフは割と体力のいる仕事でしたね。深夜シフトは女性スタッフが少ないというのは、防犯上の問題に加えそういった体力面での事情もあるのかなと思いました。

もちろん店の規模や立地にもよりますが、お客さんの数が少ないから「深夜コンビニバイト=楽なバイト」かというと、意外とそうでもない。それが深夜コンビニバイトを2年やった感想でした。ただ仕事量からすると、昼間のコンビニに比べると断然少ないですね。実際のところ、暇な時間もたくさん発生していました。時給は1300円以上ありましたし、稼ぎの面においても割が良かったですね。全体として考えたとき、ものすごくラクというわけではありませんが、やや楽なバイトになるのではないでしょうか。

  (アルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク