社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。
SNSフォローボタン

フォローする

社内SEから住宅販売メーカーへの転職体験談(40代男性)


私は現在40代後半の男性です。大学院を卒業してから20年ほど勤めてきた社内SEの仕事から住宅メーカーに転職しました。

スポンサーリンク



社内SEの仕事では、自社にてシステム開発やインフラの構築を行っていました。社内でのネットワーク、在庫管理システム
などの管理、あるときはパソコンが重たくなっているのを治したり、システムの稼働がストップしたときは復旧作業を行ったり・・。

基本的に社外に出ることはありませんでした。パソコン操作が好きなのでそれなりにやりがいはあったのですが、40代になってくらいから、このままこの仕事をやっていていいのか?という疑問が湧いてきました。というのは、社内SEはやれる仕事の範囲が限られていましたし、仕事にマンネリ化を感じていたのです。また、大学院を卒業してから転職をしたことがなかったので、違うこともやってみたいという気持ちも湧いてきました。

社内SEの仕事は年収も高めで安定した仕事。そのポジションを手放すことには不安もありましたが、家族も賛同してくれたので転職活動をすることにしました。

スポンサーリンク



転職活動では転職エージェントを活用。転職エージェントは、最初の面談の時に希望する転職先の条件(職種、通勤可能エリア、年収、福利厚生、年間休日数など)を伝えておけばマッチする求人を探してくれるのでラクでしたね。あと、分からないことがあれば転職のプロであるキャリアアドバイザーが教えてくれるので、効率がよいと感じました。ちなみに私のお勧めは
転職エージェントのパソナキャリアです。紹介してもらえる求人が多いこととノウハウの蓄積があると感じたからです。

40代後半の転職というのは甘くなく、書類選考の段階で結構落とされました。転職活動を通して感じたことは、企業がいかに
即戦力としての人材を期待しているかです。また、知識や経験があるだけではなく、その会社の理念や方向性と合っているかというのも観られていると感じました。先方に、即戦力としての実力がそれなりにあって「この人と一緒に働きたい」と思わせることが重要だということです。

3か月ほどの転職活動期間を経て内定をいただくことができました。転職先は小規模な住宅メーカーです。畑違いの会社で、前職よりも年収は下がりました。ただ、それが私が希望する職種だったのです。もともと住宅というものが好きで、30代でマイホームをローンで新築住宅を建てたときも良い想い出がいろいろ残っているのです。当時まだ小さかった子供たちが新築住宅で楽しそうに走り廻るさま、妻が楽しそうに間取りや家具を選んでいる姿を見て、新築住宅を建てるって素晴らしいなと思いました。一家の大黒柱にようやくなれたという実感も湧いたできごとでした。

次は住宅を購入する側ではなく、提供する側になりたいと思いました。新築住宅を建てるには莫大なお金がかかるので契約をとるのは大変ですし、いざ契約がとれても納期までにたくさんの職人さんを動かして一軒の住宅を完成させるのはひと苦労です。

しかし、すべてを責任もって遂行したら、お客様の希望に満ちた笑顔、感謝の言葉をいただける素晴らしい仕事です。地域密着型のこれからの住宅メーカーなので、不安定ながらも大きなやりがいを感じています。私は営業のほかホームページの管理も任されています。前職での経験もしっかり生かせる役割といえるでしょう。今後は自身のスキルや経験を生かして、お客様と素敵な物件の出会いをたくさんつくりあげていきたいですね。

        (転職の体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク