リフレクソロジーの仕事は経験を重ねるにつれラクで楽しくなる仕事!(仕事体験談 30代女性)

私は現在、都内のリフレクソロジー店で3年ほど働いています。前職はメーカーのOLでしたが、何か手に職をつけたいと思い、転職を決意しました。どうしてリフレクソロジーの道を選んだのかというと、自分自身、それまでにリフレやマッサージをお客として受ける機会が何度かあり癒されてきたからです。仕事としてできたらいいなあと思っているときに、たまたま求人情報サイトで求人広告を見かけて応募して採用されました。

スポンサーリンク



入社時はリフレクソロジーの仕事は未経験でしたが、研修・教育制度がしっかりしていたお陰で仕事に溶け込むことができたように思います。

リフレクソロジーとは簡単に言うと、足裏や手のひらの反射区を刺激する施術です。お客様はリフレクソロジーを受けることによって血行がよくなったり内臓の機能が活性化するといわれています。研修では反射区の位置やリンパの流れ、人体の構造など座学を受けた後、研修生同士でリフレクソロジーをし合いながら施術の練習を行いました。そして店長がOKを出して合格証書をもらえると、現場に出て実際にお客様の施術にあたるという流れでした。

無事に一発で合格証書をもらえたものの、いざ現場に出ると、最初のうちは緊張もあり、なかなか納得いく施術を行うことができませんでした。お客様からは、「いつもの〇〇さんに代わって。初心者さんは勘弁して」なんて言われてしまい凹んだこともありました。しかし練習と実践を繰り返し、場数をこなしていくことで、次第に技術も向上していきました。

スポンサーリンク



施術に慣れてくると、お客様と自然と会話もできるようになっていきました。東京都内なだけにいろんな地方から皆さま上京されています。私は鳥取県出身ですが、ときには鳥取から出てこられたお客様もいらっしゃって、地元のローカルネタに話が咲いたものです。また、施術が終わって「疲れがとれたよ。ありがとう」というお客様からの言葉を聞くとうれしく、やりがいを感じたものです。

リフレクソロジーの仕事はお客様の来店数には限りがあるので、決してたくさん儲かる仕事とは言い難いです。ただ、指名が増えれば稼げる機会は増えていくのは事実。回転率もよくなりますし、時給+指名料も加算されていきますので。向上心を持ちひとりひとりのお客様に誠意を込めて施術をしていくほど、指名が増えてきました。がんばればがんばるほど、世界が開けてくるような感覚を味わうことができ、仕事もラクになっていきました。報酬についえは私の場合、月20日ほどの勤務で15万~25万くらいを稼いでいます。給料は前職と比べて若干下がりましたが、手に職をつけることができ、この転職には満足しています。

将来は自分のお店を持つことが夢ですね。チェーン店なので今は指示されたことを言われるままにこなしていくだけですが、自分のお店を持ったら自分オリジナルのリフレクソロジーの手法も導入していきたいと思います。

  (仕事の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク