社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私が大企業から転職しようと思った理由(転職の体験談 50代男性)

 私が大企業から転職しようと思った理由(転職の体験談 50代男性)
終身雇用がほぼ崩壊し、一生に一度は誰もが転職をする時代だといわれています。

私はかつてある大手企業で働いていました。ただ、昭和年代の勢いのあったころの経営陣が引退し、会社成長性を感じられなくなりました。

スポンサーリンク



歴史ある大手企業において感じたことは、何かを変えることを良くないことだと考える土壌が未だあるということ。

昔の栄光に頼っていて、業績が落ち込んでいっているにも関わらず、現状維持だけでいいという雰囲気が漂っていました。

もし何か変えようとする人がいたら異分子と見なされてつまはじきに遭う始末。

私は何かを変えたいと思っていました。・ですから、上司に会社改善に関する自分なりの提案書を出したことはあるのですが、「決められたこと以外やる必要ない!」と言われ提案書をシュレッダーにかけられました。

決められた仕事だけをすればいいという上司を尊敬することは到底できませんでした。

うつろな眼で働いていた社員も多数。大企業で決まった給料さえもらえればいいという考え方で働いているのだと感じました。いかに定時で帰宅するか、仕事をいかにさぼるかばかり考えている人が多かったと感じます。

一方、やる気のある人たちは会社に見切りをつけて転職していきました。

スポンサーリンク



そんなことから私も転職を考えるようになりました。会社に残って何かを変えようとはしても、大きな組織の場合、超縦割り社会なので、限界を感じました。

仕事にやりがいを求めて転職活動をスタート。転職エージェントとハローワークを活用して、グローバルに事業を展開している広告代理店に転職先が決まりました。

プロジェクトリーダーとしての待遇だったので給料は幸い、前職の水準を維持することができました。また、何より転職して良かったのは、社風が明るくて新しいことをやっていこうというパワーに満ち溢れているということです。

社長もやる気のある人で、末端の部下にまで声をかけ、良いアイデアがあれば、積極的に採用してプロジェクト化していきます。休みは不定期ですが、仕事にやりがいを感じていて楽しい毎日を過ごしています。仕事はお金と安定だけじゃないんだと改めて感じている今日この頃です。

(転職活動の体験談 50代男性)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク