社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。
SNSフォローボタン

フォローする

リゾートバイトの良い点と注意点(リゾートバイトの体験談 20代女性フリーター)

私は20代の女性(フリーター)です。短大卒業後に印刷会社に就職したのですが、もっと自由に生活をしたいと思い退職。現在は、リゾートバイトを中心にアルバイト生活を送っています。

スポンサーリンク


リゾートバイトとは地方の温泉地などに出向き働くアルバイトのことです。

リゾートバイトならリゾバ.comほかリゾートバイトを募集している派遣会社に登録して派遣される形で仕事を行います。大学生や短大生の参加者も多くて大抵は2週間~1か月くらいの募集ですが中には半年以上の仕事もあります。

派遣先は温泉旅館、リゾートホテル、テーマパーク、スキー場などが主な仕事場で、遠方の人は寮に住み込んで働くということになります。

一番最近経験したリゾートバイトでは、北海道にあるリゾートホテルでのレストランスタッフ(ホールスタッフ)でした。

ホールスタッフの仕事は、お客さんから注文を聞いて、注文した料理を調理場から運んだり、後片付けをしたりするというものです。

一般的なレストランと仕事内容はさほど変わりませんが、リゾート地にあるレストランだけに、外国人の割合が多めで、団体客の利用が多いという特徴がありました。

あと、ホテル利用のお客さんがほとんどだけに、朝食と夕食の時間がとても忙しく、それ以外の時間は暇という特徴もありました。

仕事は決して楽というわけではなく、立ちっぱなしで最初は慣れない仕事をするだけにしんどいと感じることもありました。

厨房に配属されたリゾートバイトの子のひとりは、きつくて耐えられないと2日でリタイヤしてしまいました。そんな意味で、観光気分で来たら「こんなはずじゃなかった」となってしまうかもしれませんね。

ただこちらは派遣先の現場によって、きつい現場もあれば暇な現場もありとピンキリのようですね。

スポンサーリンク


慣れないうちはひととおり仕事を覚えるだけで大変と感じました。ただ、それ以外は本当に楽しい時間でしたね。

そのリゾートホテルにはリゾートバイトで働きに来ている人々が結構いて、すぐに仲良くなりました。寮でミニ飲み会を開いたり、オフの日に観光に出かけたりして楽しかったですね。

もちろん仕事できているわけなのでメリハリはつけていましたが、夜遅くまでワイワイおしゃべりをして修学旅行のような雰囲気を楽しめました。

寮は家賃もかかりませんし、光熱費や水道代もタダ。はっきり言ってお金が貯まります。まかないも無料で提供されました。レストランの料理だけにおいしかったですね。

ただ、そこあたり、派遣先によってまちまちのようです。まかないに関しては3食無料というところもあれば、朝と夜だけのところ、出勤日のみ支給というところもあり。寮は個室の場合と相部屋の場合があり。あと交通費は全額支給、片道のみ支給、給料から差し引きなどあります。「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、そこあたり派遣会社に事前に確認しておくのがいいと思います。

リゾートバイトは決して楽とはいえませんがいろんなメリットがあると個人的には考えています。

(リゾートバイトの体験談 20代女性フリーター)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク