社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

研究所での実験モニターバイトはラクで割が良くておすすめ!(20代男性 大学生)

 研究所での実験モニターバイトはラクで割が良くておすすめ!(20代男性 大学生)
私は現在大学生で短期バイトをときどきやっています。

いままでやってきた短期バイトの中で断トツで楽なバイトだと思ったのは実験モニターバイトです。

スポンサーリンク


大学や研究所の研究員が論文を書くためにはデータの裏付けによる論証が必要です。数多くのデータが必要というわけで、ですから時々、被験者という形で実験台となるモニターの募集しているのです。

私は通っている大学の厚生課の求人掲示板で実験モニターバイトを見つけては応募しています。といっても大学生しかできないバイトではなく、フリーターの人や主婦の人たちも実験モニターバイトをやっています。

フリーターの人に聞いたことがあるのですが、そういったモニター系の案件を紹介してくれる派遣会社もあるようです。

実験同意書を記入した後、研究者が実験の説明を行ってくれます。あとは指示に従って作業を繰り返します。

大体はパソコンを使った課題を解いたりというのが多かったですね。手にセンサーを付けて四則計算をしたり、迷路を解いたり。あるときはMRI内で実験を行う案件もありました。

スポンサーリンク


そのほとんどは単調な作業を繰り返すものが多かったですね。難しい課題に出会ったことはないですが、あまりに単調であるために人によっては眠さに耐えるのが大変かも?

拘束時間は2時間くらいで大体4000円くらいの謝礼金をもらっていました。大学や研究所といったしっかりした組織でのアルバイトだけに、1分でも残業になったらきっちりと残業代が支払われていました。

交通費は出る案件と出ない案件がありましたが、交通費込みというものが多かったですね。実験当日に領収書を書いて押印し後日振込先口座に入金されていました。

快適な室内でただ単調な作業をするだけでこんなにもらえるバイトはなかなかないと思います。

また最先端の研究の一端とふれることで、私はとても楽しかったですね あるときはAIを搭載したロボットと対話をするみたいな実験もありました。

ごくたまにしかないレアなバイトですが、誰も楽に稼げる短期バイトなのでおススメです。

  (楽なアルバイト体験談 20代男性 大学生)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク