社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私が一般企業から介護職に転職するまでの経緯(40代女性)

 私が一般企業から介護職に転職するまでの経緯(40代女性)
私は、転職経験が数回あります。学校卒業後、サラリーマンをしていましたが、数ヶ月で退職。理由は、人間関係でした。

スポンサーリンク

上司が新人に冷たい態度をとりました。若くて、後先を考えず、退職した為、転職活動は厳しかったです。

転職活動ではハローワークを利用しました。職員の対応は、よくないと感じました。

ハローワークは、失業者の集まりです。職員は、上から目線で話してきます。

ただし、自分の仕事探しなので、自分自身が応援したい求人表を探す事に集中力できれば大丈夫です。

ハローワークはパソコンから求人表を見るのは便利でした。キャリアがなくて、転職活動するのは、難しいです。

何社受けても落ちました。

最終的に製造業の派遣社員になりました。

スポンサーリンク

派遣社員は、雇用が不安定です。

正社員より、仕事ができても、評価されず、ボーナスもありません。
更新制度なので、いつ更新が切れるか、とても不安でした。そして、派遣切りになりました。

また、転職活動になりました。派遣社員しかキャリアがなく、正社員に応募しても何社もう落ちました。

結果、製造業の契約社員になりました。契約社員も雇用が不安定でした。雇用は、更新制度です。その間に正社員試験に合格しないといけなく、狭き門で最終的に諦めました。

何度かの転職活動をすると要領がよくなりました。

退職する前に、次の職を決める。空白期間をなくすことが、保険の手続き上、効率が良いです。

在職中に資格を取得しました。資格を取得している方が、転職に有利です。

介護職の転職活動を考えて見ました。ハローワークもありますが、介護福祉人材センターをお勧めします。

介護業界に特化していますので、職員の方も対応が良いです。求人情報を自宅に郵送もしてくれます。

就職フェアも行っています。インターネットの転職サイトは、人が見えないので、私は信用が低いです。

介護職は、給料は低いですが安定職です。キャリアと資格取得で、条件の良い会社に転職して行くのがベストです。

私はそうしています。私も、転職とは、いろいろな経験やスキルアップにできていい事だと思います。

ただ、世の中否定的な方もおり、転職を相談するとひき止める人もいます。最後は、自分自身の判断で、より良い後悔しない転職をしてほしいです。

転職は、タイミングも重要になります。4月付近は、新卒が入社する時期なので、転職活動の時期は、ずらした方が良いです

運もご縁もありますので、人脈のネットワークを広げて取り組む事を望みます。頑張れ。

 (転職の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク