ぬるま湯だと感じた職場を転職して思ったこと(30代女性)

スポンサーリンク


入職して3年が経過した頃、私は友達といつものように遊んでいたとき、とてもぬるま湯につかっているなと感じました。そして、3年が経過しており友人の何人かが転職を経験していました。

友人との遊びの中で収入の差や充実感など様々な点で劣等感を感じました。

そう感じた頃より徐々に転職を考えるようになっていきました。今の職場に対しては、人間関係には大きな不満はありませんでした。

しかし、給料や待遇などで不満に思うことがありました。まずは行動をしようと考え、とりあえず転職サイトに登録をし、転職活動を始めるようになりました。

スポンサーリンク


転職活動をするのは初めてのことのため、とても不安に感じていました。

ハローワークにも行きました。それから1年以上かけて転職をしました。

転職サイトを通じて、自分に合った職場選びから始めました。

担当の方と何度も電話やメールをしました。職場見学も数回行いました。勤務地、給料、休暇、福利厚生など希望がたくさんありましたが、優先順位を付け職場を選びました。

入職面談の際聞きたいことをたくさん聞きました。そして入職をしました。しかし入ってみると、見学や面談では分からなかった話がたくさんあり、契約内容と違う思うことがたくさんありました。

この体験からしっかりと確認することの大切さを学びました。

スポンサーリンク


入職して数か月後職場のトップが変わり給料や福利厚生などは、どんどん悪化していきました。

本当にとてもタイミングが悪い時に入職をしてしまったと実感しました。トップが変わることは入職の面談では話されておらず、騙されたと感じました。

以前の職場で感じていたぬるま湯につかっている感じは全くありませんでした。日々忙しく過ぎていきました。

働き方と給料、休暇について不満に感じていました。また、上司との関係はそれほど良好ではなく信頼関係はありませんでした。

その後3年間勤めた後、引越しのため再び転職活動を行いました。

前回とは異なる転職サイトに登録をしました。前回のサイトと同様基本、電話やメールでのやりとりが主でした。

前回は職場見学は1人でしたが、今回の転職サイトは担当者の人と2人で行いました。1人では聞きにくいこともその担当者を通じて話ができました。

面談前後に話し合いができ、言いたいことの代弁もしてくれました。とてもサポートをしてくれるところだと感じました。今自分の働き方としてはとても満足しています。

 (転職の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク