一般の企業から医療系の事務員(病棟クラーク)への転職体験談(40代女性)


私は転職を経験しました。

運送業や物を作る工場の一般の事務員をしていましたが、私は運が悪く経験した職場には頭のおかしいお局がいて、我慢できませんでした。

そのイビり方が、いつでも私に目を付けて何かにつけて文句を言ってくる感じだったので、非常にストレスでしたし、それでこちらが病気になって鬱になったら生きていても意味がありません。

ですから我慢せずに転職をしてきました。

スポンサーリンク


結果、いろいろありましたが満足しています。

まず、転職するにあたっては専門分野へ進みたいと思いました。そんな時には必ず「医療系の仕事」が候補に上がってくるのです。

初めのうちは医療系の事務員も人間関係が激しいようだし、時間に追われて忙しいから苛立っている人が多いように感じたので進む気はありませんでした。

いつでもキレてるヒステリーな女性上司は正直言って、もうごめん。うんざりです。

しかし、抜け道を発見したのです。
それは「クラーク」です。

なぜなら医療系の事務でも「病棟に一人だけ」の確率が非常に高いのです。まわりはドクターかナース。事務員としては一人だけなのです。

もちろん、他の病棟へ行けば「クラーク」はいますが各病棟に一人だけなので摩擦はほとんどありません。

これはしめたものだと、クラークに応募して見事に面接に受かり、現在これを続けております。

そして、とっても快適な環境で仕事をしています。

スポンサーリンク



第一にクラークでしたら、医療事務員とは少し業務が異なって「点数計算」をしなくて良いのです。
もちろん、国家資格などなくても出来る仕事です。

内容はナースやドクターの作る書類の整理や手伝い、カルテの整理、患者さんに渡す書類の作成など、ほぼ雑用です。

たいてい、師長さんや主任さんが書類の事など知っているので教えてもらえます。

そしてそこで感じたことなのですが、「事務員同士で教えてもらうよりも、はるかに優しく接してくれる確率が高い」と感じました。

もちろん、科などの特色、その場の人間関係など様々なので絶対どこでもそうだとは言い切れません。
ですが、ナースやドクターは事務員に対してさほど厳しく接してはきません。

他の病棟へいって書類をやり取りすることがあるのですが、さらりとしています。

ですから、人間関係が嫌で転職を考えている人がもしもいるとしたら「各病棟に一人しかいない病棟クラークがおすすめ」です。

しかも、そうして仕事をしているうちにナースやドクターに頼られる時がきます。

最近ではやりがいを感じています。
非常におすすめいたします。

    (転職の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク