私の転職体験あれこれ(40代女性)

スポンサーリンク


やっぱり、お金が欲しいなぁ、この思いは、正直にお話をしますと、心の中で持ち続けてる私です。

がしかし、人間関係にさんざん頭を不本意ながら悩まされて、ストレスを本人も知らない間にためることになってしまって、健康状態が悪くなることは、いやだなぁと思うのです。いいえ、それだけでは、ありません。絶対に、避けるべきです。避けたいのです。

スポンサーリンク


といいますのも、職種も、ハードすぎるものは避けています。幅広い範囲、仕事の内容がいくつもいくつもあってしまうような職種も、健康を損なってはいけませんので、とても避けています。

伝票の整理なら、「伝票の整理」ただそれだけのところ、あれこれと、段取りに悩まなくて済むところ、仕事の範囲が部署、単調な作業、人間との関係が薄いところが、私の希望として、挙げられます。

悲しいながら、いまどき、「伝票の整理だけ」で、ハロー・ワークなどに求人の広告を出すところが、数少ないような、これも、時代の移り変わりでしょうか。私は、「昔のほうが、よかった。」のです。

昔ならば、と言いますか、そんなに昔ではなくても、私が30代前半の頃に、この日本の中で、確実にこの種類の仕事は、存在していました。そして、多くの人々、何十名のパートやアルバイト、年齢層は、主に30代前半から50代か60代ぐらいまで、現実に、雇われていまして、生計のやりくりを各々がしていたと思うのです。

食堂だって、存在する限りは、パート、アルバイト、派遣、正社員のべつなく、各自が自分でお金を払いすれば、食事をすることができました。

実際に何回も、喜んで、お昼休憩の時間に、私は、食堂を利用していました。この点は、楽しい思い出でした。ですが、こちらも、やはり期間限定のアルバイトやパートの場合、必ず、雇用の契約の満了日、時間が経ちますと、やってくるのです。そして、こちらの思いがなんであれ、「終了は終了」なのでした。

あーぁ、残念でしたが、逆らうことは、器用には、出来ませんでした。私って、やっぱり、世渡りが下手なのかなぁと思ってしまいます。

そして、またもや、自分自身で求人の広告を集めでして、応募をしまして、採用になった事務所に、渡り鳥ではありませんが、移動をしていくのです。くれぐれも、念を押すのですが、この場合の終了は、私たちの感情が考慮されているのでは、ありません。面白くはない、移動なのです。そして、世間慣れをしてしまった感じの大人たちは、このような移動に慣れた様子でした。

一体全体、今までに、すでに、40数年生きてきた中で、働き出した20代前半ぐらいから、何回転職したのでしょうか。

この数え方としましては、人それぞれ、こういいましたクラウド・ソーシング内の私が喜びながら利用させていただいています転職についての募集案件でも、同じ業界で、A社からB社に転職しましても、転職1回、営業職は営業職であっても、会社や業界が変わると、転職1回、営業職から別の職種、たとえば事務職に変わりましても、転職回数1回。

このように考えていきますと、上に書きました3つの例、すべてを、私は、今や経験していますので、3回は、転職を経験しています。

20代前半の頃、他府県にあった有名な短大を卒業しまして、まずは、ホテルでウェイトレスを始めました。

そちらでは、さまざまな思いがけない失敗を繰り返してしまったり、人間関係もうまくいかないで、結局、同じ職場の中では、ちょうど話の合う人々も見つからないで、在籍をしていました。

部署とは違った課にも、年上の方々にも、お話はしましたが、当時、私の思いは伝わりにくく、結局のところ、私がお話した方の更なる上司が、事業所内を調査してくださって、やっと、どうにか、話の合いそうな方に出会うことが出来たかもしれません。

その当時、私は、まだ20代前半で、人生の経験も少なくて、もっと年上の日頃からは接していない、だいぶの「おじさん」には、ストレートに、スムーズに、自分自身の思いを話すことは、現実のところ、出来ませんでした。

もしかしますと、その方は、私のみかたになろうとしていてくれたのかもしれません。ですが、当時の私には、そこまで、気が付きませんでした。

結局のところ、ほかの部署に配置換えができなかったこと、当時の私の年齢など、いくつかの事情が重なり合った様子で、そのアルバイトは、やめました。

スポンサーリンク



そして、再び、私は、広告を集めだして、別のホテル、こちらも当時から有名であったところのスタッフに採用が決まりました。

しかし、こちらでの研修も含めて、何回か実際に働きましたが、「宴会の予定が立たなくなった」と、お電話をホテルの総務だったか、そのような部署から不本意ながらいただきまして、私は、「解雇をお願いします。」と文字通り言われました。

またまた、人生の経験が薄かった私、当時のお話ですから、素直すぎてしまった私は、仕方なしに返事をしてしまいました。そして、暗い事務所まで、わざわざ他府県まで交通費を使ってしまって、制服を返却に行った苦い遠い思い出がありました。

 (転職の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク