看護師とライフスタイルに合わせた転職について(転職の体験談 30代女性)

夢や希望を持ち就職するものの、いざ働き出すと男性社会を実感し 女性としての幸せはどのようなことか考える人が多いのではないでしょうか?

婚活や妊活を若い世代から年齢を重ねた世代まで当たり前のように行い、仕事との両立を悩んでいる女性も少なくないかもしれません。

そして無事に出産しても、保活があるご時世、仕事と可愛い我が子を前に、金銭面や生活時間の使い方を試行錯誤し悩まれているかたも多いのではないでしょうか。

また、周囲には産休や育休、出産時期まで計算し保活と計算しそのように出来ている方もいましたが、現実の生活を過ごす上で計算通りにいかないことは多々あるかと思います。

しかし、そのような方々を横目に保育園から私立小学校受験合格を勝ち取り、今も気持ちよく生き抜けているのは、看護師という資格でした。

スポンサーリンク



看護師という仕事は激務であり、今も昔も現場の人手不足は相変わらずであると思います。

高齢社会の世の中、人口減少が叫ばれるこの頃、医療の必要性である人口は増えるものの、人出不足はますます深刻になっていくでしょう。一方 看護師の需要は今後もますます高まると言ってよいのではないでしょうか。

看護師とはいえ、一人の個人として幸せをつかむべく日々一生懸命生活し頑張っているかと思います。看護師さんは、男性スタッフも増えてきてはいますが、女性である方々も多いでしょう。女性として結婚や子供を産んでみたい、経験したいと考える人もいるのではないでしょうか。

私自身、結婚や子供を産んでみたいと若い頃憧れました。

私は現在、仕事をしながら、子供を産み、働きながら娘を幼児教室に通塾、小学校受験させ、今も仕事と子育てを両立しています。これから私の体験談を御伝えしていこうと思います。そのような話を参考に、自分らしく過ごせる人たちが増えることを願います。

私は看護学校卒業後、大学病院で手術室に配属となりました。そして結婚、退職。

しかし、専業主婦では満足できず、働くことを決意しました。そこから転職人生が始まります。転職というと、イメージとしてどちらかといえば悪い印象なのもしれせんね。しかし、私は、そう思いませんでした。

スポンサーリンク



周囲は病棟スタートで技術や患者さま対応などの経験を深めている中、大学病院手術室のみの偏った経験しかないことがコンプレックスでした。

退職後、結婚しましたので、夜勤はしたくなかった。ですからまずクリニックへ転職、働きはじめました。そこでは患者さまの対応や医師の話を間近で聴くことができ、今まで経験のなかった採血業務などを実際に患者様にケアすることができました。

そして、妊娠し出産。体調もよくなかったので、いったん退職しましたが、子育てしつつ、スケジュール管理も可能であるため、看護師派遣会社に登録し、デイサービスで働きました。

その経験の中で、病棟経験がなく実際の技術の自信がない自分に気づき、保育園新設ラッシュでもあったため、子供を保育園に入園させることを決意、再度転職、病棟勤務をはじめました。病棟とはいえ、子供の教育や精神面を考え非常勤日勤のみ夜勤なしの働き方を選択しました。

保育園の早帰りの日を決め、幼児教室に通塾、娘は見事私立小学校お受験に合格、今も充実した日々です。

病棟以外でも、デイサービスやクリニックなど多岐に渡り夜勤なしの体力的に楽な職場はたくさんあります。分野や病院など選んでしまえば、選択肢は少なくなりますが、仕事の案件は常にあります。

そして事務職など一般職に比べると専門職であるため、時給は常に安定して高めです。扶養内で働きたければ、働かないように計算しなければならないほど稼げます。

一方で看護師とはいえ、資格のみで経験がないと、多岐に渡る職場があっても継続して仕事をすること、雇用は難しくなると考えます。私自身は看護師としてのスキルアップを考えながら、自分にとって家族との時間が大切であることを軸に動きました。

履歴書に記載すると転職を数回経験しているので、もしかしたら印象がよくないかもしれませんが、看護師として様々な場所で経験を積み上げていることは強みであると考えています。そして自分自身の幸せもつかんでいる、と自負しています。

看護師としてキャリアを積み重ねながら女性としての幸せを掴める、転職も悪くないと思います。看護師の資格をうまく使い、女性としてのライフスタイルの中で幸せを掴めるよう願います。

(転職の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク