大学生にはぜひおすすめ!家庭教師バイトは時給が高くて仕事がラク(楽なアルバイトの体験談20代女性)

今までやってきたアルバイトの中で一番楽だったと思うのは家庭教師バイトです。大学生の時に約3年間やっていました。

スポンサーリンク



家庭教師は生徒さんの自宅に足を運んで勉強をしているというのがその仕事内容です。私は小学生を対象に主に教えていました。それぞれの生徒さんは中学受験が目標で、学校での勉強だけでは不足しがちな中学受験に向けた指導を行うことを求めていました。

私の場合、中学受験の経験があったことからその受験テクニック主に教えていました。志望校によって国語、算数、理科、あるいは国語、算数、理科、社会と科目数が違っていて広範にわたるわけですれどもそこあたりは特に問題ありませんでした。

というのは、もし教えられないような科目があった場合、苦手科目については他の先生が教えに来てくれるからです。私が所属していた家庭教師派遣会社ではそのようになっていて、教えたい科目だけ登録して他の先生との兼ね合いもかねて分担できるようになっていました。

私は理数系の科目は得意でしたけれども国語ですとか社会は苦手としていました。ですから教えていたのは主に算数と理科でした。

それ以外の科目は他の先生が違う曜日に教えに来ていました。 そこあたりのマネジメントに関しては所属していた家庭教師派遣会社がすべて行ってくれていました。ですから私たち登録している家庭教師たちは派遣会社からの指示に従って行動するというだけ。

月謝に関しても同じくで、指導日に親御さんからハンコをもらってくるだけでそれ以外の金銭的なやりとりもすべて家庭教師派遣会社が行っていました。

ですから登録している家庭教師たちは教えることだけに専念をできたというわけです。私の場合、あまり金銭的なやりとりが得意ではなかったのでその点も本当に楽だなと感じましたね。

家庭教師バイトがどうして楽なバイトだと思ったのかというと何と言っても勉強をしているだけなのに時給が高いからです。

時給について最初は時給1500円からスタートして登録期間や実績に応じてどんどん上がっていきました。教え始めて3年目、就職活動のために家庭教師バイトを辞める直前には時給は2100円くらいになっていたかと思います。

時給2000円以上稼ごうと思えば例えばコンビニなら2時間たちっぱなしで働かないといけません。それが家庭教師の場合、椅子に座って担任勉強しているだけで1時間にしてもらえてしまうので非常に割が良いわけなのです。

またご家庭によりますけれども休憩時間に夕食などを出してくれるご家庭もあり、そういった点でも大学生にとってだいぶ助かる面がありました。

スポンサーリンク



家庭教師バイトのやりがいとしては何と言っても生徒さんの成績が上がり、最終的に志望校に合格することでしょうか。本人や親御さんが喜ぶ姿を見るのは何とも嬉しいものですし、 そういった良い結果を導き出すことができれば自分自身の自信にもつながります。

私の場合家庭教師として教えるなかで、将来の自分の設計図を描くことができたというメリットもありました。大学に入学した頃はあまり将来の進路について考えておらず、地元の企業に適当に就職できればいいかぐらいにしか持っていませんでした。

しかし、家庭教師バイトをする中で教育に携わる分野の仕事をしたいという思いが固まり、そういった企業に絞って就職活動を進めました。面接では学生時代に取り組んできたことについてほぼ例外なく聞かれます。そんな時家庭教師バイトでの経験のことを話すととても面接官から好印象を持たれました。

そういった好印象を受けた効果もあってから、現在私は教育関連の大手企業で働いています。今になって考えてみると家庭教師バイトを通して得たもの成長できたこと色々あったと思います。

逆に言うと大学生の時でしかなかなかできない貴重なアルバイトだとも思います。やはり大学生は受験を終えたばかりということもあって受験の景色が定着した状態でありますから、すんなりと指導に入ることができるというのが大きいです。

おそらく家庭教師バイトをしていなければせっかく長い時間かけて学んだ受験知識も水の泡と言いますか、忘却の彼方に消え去ってしまっていただろうと思います。

生徒さんに責任を持って指導しなければいけないということもあって、毎回何を聞かれても答えることができるように予習をしたことで受験で得たものを定着させることができたわけです。そのように定着した知識というのは一生ものだと思います。

また自分の理解が浅い部分が指導方法で足りない部分というのも、実際に生身の人間を教えてみることで分かってくるものです。自分の性格についてどのような仕事に適性があるのかについても家庭教師バイトからえたことは計り知れません。

大学生短大生大学院生の方は、家庭教師バイトを是非経験してみてほしいと思います。 ちなみに私の場合アルバイト求人サイトを見て家庭教師のアルバイト見つけました。

求人元に電話をすると履歴書を送ってくださいということで連絡が来て後日、筆記試験を受けました。その筆記試験の点数を元に登録が許可され、その後は簡単な面談の後正式に登録となりました。

登録後は自分が教えられる科目や通勤可能なエリアなどを伝えると家庭教師派遣会社が条件に合う生徒さんを探してきてくれます。私の場合、正式に登録されてから数日後に連絡が来て早速一人目の生徒さんを教えるという流れになりました。

後のルートとしては大学の厚生課も家庭教師バイト斡旋しているという話を聞いたことがあります。それはその大学に通っている生徒さんに教えてもらいたいというご家庭が求人票を大学厚生課に依頼して出すためです。そのルートの場合マッチングするまでが厚生課の仕事で、その後は家庭教師とご家庭とのやりとりということになるらしいです。

  (楽なアルバイトの体験談20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク