社会にはさまざまな職業があります。転職活動ほか仕事探しは人生を大きく左右する大きな節目であるといえます
スポンサーリンク

効率の良い仕事探しには、転職エージェント、ハローワーク、派遣会社、新聞求人欄、求人サイトほか求人媒体をうまく活用し、適性に合う職場を探すことが重要です。
スポンサーリンク

転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。
SNSフォローボタン

フォローする

アルバイトの面接に行って思うこと(40代女性)

今日は、朝から重い足取りでした。朝一番、ハローワークから紹介された事務のアルバイト面接が、1件、入っていました。こちらから、予定を入れたのですが、いざ当日になりますと、気分が悪くなっていました。なぜ、このように面接に行くことがいやに思うのか、その理由としましては、採用の枠が狭いからなのです。

スポンサーリンク



多くは、私がハローワークでこまめに求人広告を見ていますと、「1名」の採用です。1名の採用、誰か一人、最も勤務場所に近い、いわゆる交通費が安い、事業主の支払いの負担が少ない、とてもご年齢が若い、その方の経験が、職場から求められるものとぴったり合致される方が、たった一人でもおられますと、その方に決まるのです。

自動的に、後の皆さんは、不採用になります。その他の方々の事務処理能力、仕事に対します意欲や能力が大きく低いというのでは、決してありません。

と、言いますのは、私自身も渋々、不採用の連続となってしまい、不本意ながら次の面接会場に足を運んでいますと、見るからに、極端に、「悪い」印象の方々は、全くいらっしゃいません。

この点も、私からしますと、疑問なのですが、見るからに、「悪い」印象の方々ならば、前の会社で嫌われていたのかなぁ、くびになってしまったのかなぁ、あの人たちならば、「あかんやろう。」と、特別、当日の面接官でない私からも転職の理由がわかるからです。

スポンサーリンク



しかし、特別悪印象の方々が、中途採用の面接、アルバイトの面接に来られたのであるならば、見るからに、誰の目にも、「あの人は、あかん。」とわかると思うのです。ですが、そうではなくて、いわゆるグレー・ゾーンって方の感じの方々の面接が続いていると思うのです。

はっきりと際立っての悪い印象を与える服装ではないと思うが、新卒から見ますと、かなり年齢が高いだとか・・新鮮な印象はないが、しいて選考の際に欠点を挙げるとするならば、年齢相応のご職歴がないだとか・・

面接官の方々はやはり選考ですから、応募者すべてを面接しまして、応募者すべてを選考されていると思うのです。ある応募者一人を見ていますと、特別大きな欠点はないが、当方の選考により、他の応募者との比較によって、こういった理由で、現実のところは、選考が進められているのではないかなぁと・・そんなことを現在は、すでに中年になりました私は、思うのです。
 (40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク