転職活動をしていると若い人に嫉妬してしまう私・・(40代女性)

スポンサーリンク

私は現在40代半ばの女性です。現在無職で、転職活動をしています。転職活動をしながら最近思うのは「転職って、なんだか不公平だな・・。」というものです

スポンサーリンク



口のうまい人々、器用な人々、いわゆる世渡り上手なタイプの方々が、うまくいき、そうでない人はなかなかうまく採用にならないことが多いと感じたからです。

もちろん、人の性格は、それぞれだと思います。口のうまい人々、器用な人々、要領よく振舞える人々、イコール悪い人々と、言っているのでは、全くありません。

ですが、正直なところは、私のような口がうまくはない、不器用、要領よく振舞えないタイプからしますと、少々嫉妬してしまいます。

そして、心のどこかでは、私は、あの人々とはタイプが違う、どこか損をしてしまっていると思いながらも、「私は、私。」だとか、「神様は、きっとどこかで見ている」と、気落ちしそうな時、時には、意欲が出ない時にも、自分で自分の背中を押しています。

そうなんです、世の中では、私と同じタイプ、同じ考え方の人ばかりでは、ありません。時には、もっと私よりも年が若くて、器用な方々に、不本意ながら抜かされてしまってことがあります。

若くて器用な人は人は転職活動をしてもすぐに転職先が決まることが多いです。正直なところ「悔しい。」です。

そして、焦りを抑えて、またもや、「私は、私。」の気持ちを取り戻して、私なりの歩みをはじめています。

スポンサーリンク



転職活動を進めてみて感じたことのひとつとして世間は厳しいなということです。私は、今は、40代半ばになっています。

40代という年齢が嫌だというわけではないのですが、転職やアルバイトの選考では、不利になると感じています。やはり20代、30代の年齢が若い方が有利に思えてしまうのです。

実は、先日行きました面接でも、そう思ってしまいました。職種は、事務で雇用形態は、アルバイトでした。

いまだに、正社員、正職員をすっかりと忘れることができない私は、地元の役所の事務アルバイトのほうが、「まだ、よかった。」と思えてきて、それゆえに臨んだ面接でした。

ですから、このような私からしますと、新卒のような方々を目にしますと、「どうして、このように年若い方々が、受けに来られるの?」と思ってしまいます。きっと、彼女たちにも、彼女たちなりの志望動機があるのでしょうが・・。

そのように若い人たちに嫉妬してばかりいるからか、そのアルバイトも不採用になってしまいました。私の転職活動はまだ先が長そうです

 (転職活動の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク