同業他社への転職も堂々としていればいいと思った理由(20代男性)

スポンサーリンク


転職にはいろんなパターンがあります。同業他社への転職をするとなると、やめる前に、色々な嫌がらせをうけることも人によってはあるので注意です。

スポンサーリンク


例えば、20代男性である私のケースですと、転職を切り出したとたんに、当時の事業部長から、「有給をもう取得させない」と吐き捨てられ、罵倒された経験があります。

同業他社への転職は、いまだに特に強い裏切り行為のような印象があるようです。

それはなぜかというと、転職される側からすると、同じ事業を展開している別の会社へ転職されるのは、自分のやっているを否定されているように感じるからです。

また、同じ仕事や同じ業界で働くならば、転職の必要性はないと考える人が多く存在するわけです。そんな人からしても面白くないわけです。

しかし、転職する側からすれば、同業他社への転職は、手っ取り早く年収を上げられる方法の一つであり、、金銭を多く得る手段と考えることができれば、一番合理的な選択と言えます。

また、同業といえど、身に付く知識や求められるスキルが異なる可能性もあります。必ずしもスムーズに転職先で馴染めるとも限らないのです。

スポンサーリンク


とはいえ、一度きりの人生なので、自分が働きたいと感じる会社が同業他社であろうとなかろうと、転職をすることは、個人の自由です。

そもそも、転職される側も所詮は、雇われの立場です。同じ立場の人間があれこれ言おうとも、自分自身の人生の責任を取ってくれるわけではありません。

このような考えを持ったうえで、転職活動を行うことが必要だと思いました。また、実際は、上手く辞められるケースのほうが少ないと考えておくほうがいいと思います。

そういったことを考えると、基本的に堂々と、退職する理由を述べて転職していくのがいいと私は思います。

今の会社や職場にはない「何か」が同業他社にあり、それを求めて転職していくわけです。もちろん、周りの反感は買うかもしれませんが、その理由は、包み隠さず、はっきり伝えて辞めるのがセオリーであり、一番有効な方法だと思いました。

結局、転職前に私はさまざまな妨害や嫌がらせはうけましたが、転職してみてよかったと思います。

結果がどうなるにせよ、自分の筋は通しましたし、年収もしっかりアップしましたから。当時を思い返して、周りにウソをついて転職しなくてよかったとも思っています。

ウソをついて辞めていたら「あいつはとんでもない嘘つきだ。」という評価になって、前職で作り上げた仲間たちとのネットワークもだめになってしまい、
非常にもったいない結果になっていたと思われます。

確かに同業他社へ転職することは、今の日本社会では、良くは思われないだけになかなか決断が難しい部分はあります。

しかし転職理由が何であれ、正々堂々と対応するのが、最もよい結果を生むと思います。

  (転職の体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク